スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第97回選手権 2日目

【第一試合 花巻東4-2専大松戸】
点差はさほど無いものの・・・ちょっと原の2段モーションの件が不可解。今に始まったことじゃないし、持丸監督が知らなかったとも思えないんだけど。地方予選では指摘されなかった2段モーションを再三指摘されて動揺。思うままの投球ができなかったとか。
高野連の明確な基準の設定と加盟校への徹底が必要でしょう。本来好投手同士の対戦になっただけに勿体ない。

【第二試合 広島新庄4-2霞ヶ浦】
初出場同士の対戦は広島新庄に軍配。
霞ヶ浦も十分チャンスはあった(安打数は霞ヶ浦の方が上)のだけれど肝心なところを堀に抑えられてしまいました。

【第三試合 九州国際大付8-2鳴門】
若生前監督よりバトンを引き継いだ新監督が1年目で甲子園に出てきたばかりか初勝利を挙げました。鳴門は返す返すも6回の大量失点が痛かった。

【第四試合 東海大甲府8-7静岡】
最後ちょっとだけ見れました。
激しい打ち合いになった試合は8回に東海大甲府が無死からのチャンスをものにして勝ち越し。静岡の2番手投手は最少失点で抑え味方の反撃を待つも、こちらも2番手の松葉に無安打に抑えられてしまい反撃ならず・

第97回選手権 1日目

【第1試合 鹿児島実18-4北海】
序盤は付かず離れずのペースですすむが5回に鹿実打線が大爆発。打者14人で10点を挙げ大量リードを築く。
北海も4回以外は毎回走者を出すものの、要所で鹿実の守備に挟まれ得点できず。
鹿実は結構足でかき回してきますねぇ。

【第2試合 中京大中京4-1岐阜城北】
何も1回戦から隣県対決しなくても良いのにねぇ(^^;
両校とも初回の攻防がすべて。両エースの立ち上がりが勝負を左右しました。
中京大中京の上野は味方のエラーで1失点するものの、10三振、四死球0の好投。対する岐阜城北の鷲見は立ち上がりの制球が甘かったのが響きました。

【第3試合 上田西3-0宮崎日大】
ここも初回の立ち上がりがすべて。
上田西エースの草海(何て読むんだ!?)が宮崎日大を6安打完封。2度目の出場で初勝利。
宮崎日大は7回1死2・3塁、8回無死1塁のチャンスをものにできず。


あれ?明日も隣県対決あり?
山梨と静岡って富士山挟んで隣接してた・・・よな!?

組み合わせ決まったけれど・・・それは違うと思うのよ~

■第1日:8月6日(木)
▽1回戦
鹿児島実高(鹿児島)vs.北海高(南北海道)
岐阜城北高(岐阜)vs.中京大中京高(愛知)
宮崎日大高(宮崎)vs.上田西高(長野)

■第2日:8月7日(金)
▽1回戦
花巻東高(岩手)vs.専大松戸高(千葉)
霞ケ浦高(茨城)vs.広島新庄高(広島)
九州国際大付高(福岡)vs.鳴門高(徳島)
東海大甲府高(山梨)vs.静岡高(静岡)
よりによって花巻東と当たらなくたって・・・・・。
霞ヶ浦と広島新庄は初出場同士。


■第3日:8月8日(土)
▽1回戦
早稲田実高(西東京)vs.今治西高(愛媛)
敦賀気比高(福井)vs.明徳義塾高(高知)
大阪偕星高(大阪)vs.比叡山高(滋賀)
下関商高(山口)vs.白樺学園高(北北海道)
個人的には早実には明徳と当たって欲しかったのよね~。馬渕監督が清宮に対してどういう作を取るかで評価具合が分かるのにぃ~。何で明徳と気比が当たるのよぉ~!

■第4日:8月9日(日)
▽1回戦
津商高(三重)vs.智弁和歌山高(和歌山)
天理高(奈良)vs.創成館高(長崎)
滝川二高(兵庫)vs.中越高(新潟)
明豊高(大分)vs.仙台育英高(宮城)

■第5日:8月10日(月)
▽1回戦
健大高崎高(群馬)vs.寒川高(香川)
岡山学芸館高(岡山)vs.鳥羽高(京都)
▽2回戦
龍谷高(佐賀)vs.秋田商高(秋田)
むむむ・・・見に行けないではないか(--;
高校野球が始まって100年めということで、いつもは立候補者の中から抽選だった選手宣誓の大役が異例の「第1回大会の優勝校」鳥羽の梅谷成悟主将を高野連が指名。それは、それは違うと思うの~!京都府民でも嬉しくない(怒)。

■第6日:8月11日(火)
▽2回戦
鳥取城北高(鳥取)vs.鶴岡東高(山形)
関東一高(東東京)vs.高岡商高(富山)
石見智翠館高(島根)vs.興南高(沖縄)
三沢商高(青森)vs.花咲徳栄高(埼玉)

■第7日:8月12日(水)
▽2回戦
東海大相模高(神奈川)vs.聖光学院高(福島)
遊学館高(石川)vs.九州学院高(熊本)
作新学院高(栃木)vs.第1日勝者から抽選で決定
これは第1試合混みそうだな(^^;東海大相模は余り好きではないが小笠原は見てみたい。

全出場校決定

愛知と大阪まとめてポン!

愛知は中京大中京が5年ぶり25回目。
やっぱり良い試合だったんだよな~。いきなり3点のビハインドを背負うもエース上野が7回2/3を2安打に抑える好投。8回の1死1・2塁のピンチも先制の3ランを打った西脇を空振りで乗り切るなど粘りも見せ勝利(「逃げたら一生後悔する」ってカッコよすぎるよ)。そんな上野の交代に応えたのは女房役の伊藤。高校通算44HRとなる本塁打、同点となる2点タイムリー2ベースと大活躍。


最後に決まった大阪は大阪偕星が春夏通じて初出場おめでとう。
ただでさえ激戦区の大阪大会を、何だかんだで仰星、桐蔭、浪商と破ってるんだから大したもんです。決して籤運が良かっただなんて言えない成績ですよ。ちなみに(アホの)坂田師匠や彦麻呂がOBらしい(笑)。師匠のご希望どおり「アホ・アホ・アホ~のさ~かた♪」を起用する気は無いですか(笑)。

先制するもののすぐに追いつかれ、主将の執念のスリーバントスクイズで勝ち越し。その後追加点を挙げるも1点差まで詰め寄られたものの最終回にダメ押し。裏の攻撃も無死満塁の大ピンチも最小失点で抑え逃げ切り。いやはや堂々とした試合運びで。ちょっと注目して見させてもらおうかな。、

more...

残り少なくなってまいりました

試合数が少ないとはいえ開幕前に台風が来たりして災難だった高知対気も無事終了。明徳義塾が6年連続17回目。
かなり激しいシーソーゲームだったようで、明徳が5-0と先手を取ったが高知が一挙6点の猛攻で逆転。しかしここで終わらないのが明徳で、土壇場の9回に2死1・2塁に持ちこむと・・・ここで大会初打席の(!)背番号20の2年生代打を出してくるあたりが馬渕監督の勝負勘か。西村の逆転2点タイムリーが飛び出し決勝点。
何とも複雑な気分になるのが決勝を戦った高知とは5年連続の決勝戦、しかも全部1点差・・・高知関係者はさぞかしもやもやした気分でしょう。胸中お察しいたします(^^;

徳島は鳴門が4年連続10回目。
有名校が続々敗退していった兵庫は最終的に滝川二が3年ぶり4回目。
静岡は静岡が春夏連続で夏は2年連続24回目の出場。


さて、残すはいずれも激戦区、大阪と愛知。
30日に決まる愛知は・・・仕事ほったらかしてでも見に行きたい中京大中京vs愛工大名電。
31は大阪で、牛島や故・(ドカベン)香川を輩出した大体大浪商vs大阪桐蔭を破った大阪偕星。伝統校復活か初出場か。

おおさかとういんまけた・・・

だって初戦の履正社を破った後は全部コールドで勝ってたから確定だとばかり・・・いろんな記事情報を総合すると、どうも初っ端にエースが打ちこまれて初回に2失点、2回にソロHRを浴び計3失点。これで意識せずとも焦ってしまったのかチャンスに併殺、満塁で凡打、バント失敗など最後まで歯車がかみ合わぬまま終わったような感じですねぇ。

で、その大阪偕星とはドコだ!?
ということでググると・・・旧校名が此花学院で2013年に大阪偕星学園に変更。そら知らんわ(^^;
全国に同じ行動をしたものが大勢いたようで、試合終了時間の6時39分の直後同校のHPにアクセスが殺到。8時過ぎに一時アクセス不能に陥ったらしい。何でも圧倒的な練習量で強化合宿中は全メニューを消化し終えたら日付が変わっていることも珍しくないらしい(汗)。そしてそのまま夜が明けたら練習試合もやるらしい(滝汗)。
ググりついでに微妙な評判も出てくるんだが大丈夫かな・・・。
ただ次戦の相手には秋季大会で敗北しているらしいからまだわからない。


一方、神奈川大会は横浜を長く率いてこられた名将渡辺元智監督の勇退試合は決勝で終わりました。現在プロ野球選手として活躍する選手の出身校では最多の18人だそうです。これからは終身名誉監督として見守るそう。長年お疲れ様でした。
別に名監督の引退試合だからといって遠慮する必要もないし勝ってもいい。八つ当たりなのも十分に自覚はある。その上で・・・東海大相模、空気呼んで(苦笑)。


いつもと逆の今日の決定校~。

more...

京都代表決定

やっぱ鳥羽でしたね。そうか・・・もう15年も出てなかったか(苦笑)。準々決勝、準決勝と見てて一番安定してそつの無い野球をする印象だったのでまあ納得。
第1回大会優勝校、京都二中の流れを組む学校が100周年の年に再び出場を決めるとは感慨深いものがあります。

退任を発表していた立命館宇治の卯瀧監督はかつて率いていた鳥羽との対戦が最後の試合になろうとは。お疲れ様でした。
しかし鳥羽時代の2000年センバツでベスト4入りしたメンバーが現オリックスの平野佳寿と前日鳥羽に敗れた乙訓の市川靖久監督とは・・・し、知らんかった(汗)。


奈良は智弁が敗退した以上ここになりますね。天理が3年ぶり25回目。それに加え史上5校目となる春夏通算50回目の出場。
長崎は夏初出場の創成館、おめでとう。
東東京は関東一が5年ぶり6回目。ハーフの凄い子がいるらしい。
島根は石見智翠館が2年ぶり9回目。でもやっぱり旧校名の江の川のイメージが強い。OBの谷繁氏がまだ現役続行中なのが恐ろしい。
山梨は東海大甲府が接戦を制して2年ぶり13回目。
愛媛は今治西がここも接戦を制し春夏連続出場で夏は3年ぶり13回目。
石川は遊学館が・・・おお、1-0で勝ち上がり3年ぶり6回目。
大分は明豊が、あら、ここも1-0だ。4年ぶり5回目の出場。


more...

今年の京都はあかんかもなぁ

乙訓破れてしまいました。ただ、あそこまで完膚なきまでにやられたら(準決勝でコールドは止めて~)逆にスッキリして悔しくない。良いところが国領の3安打くらいしかなかったもんな。その国領の足を活かさなかったのに加えて今日も先発を上野にした監督の戦略がわかりましぇん。高見先発でも良かったんじゃないの?それか2回から交代するか。1回と2回の7失点で勝負が決まっちゃった。
上野君、立ち上がりに6連続安打含む7安打4失点は無いわ~。
また来年やな。

もう一方の試合はそんなにガッツリ見るつもりはなく、2回くらいで家を出て到着が7回あたり。なのにそこからが長かった!
最終的に延長15回までもつれ込み、裏の攻撃だった立命館宇治のランニングHRがタッチしきれずに決勝点となってギリギリサヨナラ勝ちになりました。
が、この試合双方締まりのある場面とグダグダな場面が極端すぎる。初回相手のエラーも絡んで4点先制できたのにすぐさま3点返されるって何やねん・・・。そこは無失点でいかな。延長に入ってからは締まりあったけど(--;

このままでいくと明日の決勝は鳥羽のようが余裕あるな。

お待ちしておりましたっ!!!

ようやく専大松戸が甲子園にやってくる♪
速報見た瞬間何だかこみ上げるものが・・・だってねぇ、どうにも某校監督を解任されたあたりがどうももやもやしてたもんで、ようやく成果が出て良かったです~。しかも決勝で破ったのあそこだし(ぼそっ)。
何でも勝負の分かれ目は7回の攻防だったようで、相手校が走塁ミスで追加点の機会を牛なた後、エースで4番でも投球ではピリッとせず3点のビハインドを背負っていた原に監督が「お前が4番なんだから責任を果たせ」と送り出したら結果が走者一掃のランニングホームランでこの回一挙7点の大逆転(正確には1ヒット1エラーみたいなもんですが)。こういうのがあるから高校野球なんだな。
何はともあれ春夏通じて初出場おめでとうございます。

群馬は終盤追い上げられたものの振り切って健大高崎は2年連続3回目の出場。
福島は聖光学院が戦後最長となる9年連続の出場。日大東北惜しかった。
栃木は作新学院が5年連続
西東京は・・・途中まで東海大菅生が勝ってたのにぃ~、早稲田実業が5年ぶり29回目の出場。
広島は広島新庄が機動力野球で初出場おめでとう!
新潟は終始圧倒して日本文理を破り、久しぶりですね12年ぶり9回目の出場。
長野は上田西が延長サヨナラで佐久長聖を破って2年ぶり2回目の出場。
和歌山は智弁和歌山が3年ぶり21回目の出場。名応援がみられるのは嬉しいが他の高校、頑張れ。


more...

今日は9校

春夏連覇がかかる敦賀気比はひとまず第一関門突破。連覇への挑戦権を手にしました。去年と同じ決勝の組み合わせは福井工大福井に先制を許すも徐々に追いつき、延長10回に主将篠原のタイムリーでサヨナラ勝ち。

南北海道は北海が4年ぶり36回目の出場。完封で決めてきたあたりお見事。
山形は鶴岡東が猛打爆発で4年ぶり4回目の出場。羽黒は・・・何があかんのやろう。
富山は高岡商が7年ぶり17回目の出場。
岐阜は岐阜城北が14年ぶり3回目の出場・・・しかし相手校の校名が読みづらい(「ひだ」だそうで)。
岡山は岡山学芸館が夏初出場おめでとう!(センバツは14年前に一度出ているらしい・・・)
鳥取は鳥取城北が2年ぶり4回目の出場。
熊本は九州学院が春に続いて決めました。夏は5年ぶり8回目の出場。
鹿児島は鹿児島実が5年ぶり18回目の出場。2年前くらいに出てくれてたら家主的にちょい盛りあがってた・・・かも(いや、独り言です)。


よし、書きもらしは無いな。
他地方予選~。

more...

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。