FC2ブログ

大会5日目

【第一試合 熊本工6-4三重】
好投手梅村を要する三重と強力打線の熊本工の対戦。
梅村が甲子園に飲まれてしまったんでしょうか?
立ち上がりから制球が定まらす1回に2四死球が絡み先制され、2回にも4四死球が元で追加点。1・2回で5点ビハインドの苦しい展開となってしまいました。3回以降は立ち直って中々の投球でしたが、いかんせん9四死球が致命的でした。
完投して5安打なのに勿体無い・・・。
三重打線も熊本工のはるか上を行く15安打(熊本工は5安打)を放ってはいるんですが熊本工の好守に拒まれ中々点が入りません。それでも終盤よく2点差まで追いつきました。


【第二試合 本荘5-7天理】
本荘・高橋天理が強力打線を活かして5回までに7点を挙げ、ここで勝負は決したかに思えました。本荘は天理先発藤井の前に4回まで無安打に抑えられていましたが5回に反撃開始。
過去2度の出場はいずれも初戦完封負けだった本荘。
東海林の適時打で2点を返し、続く6回にも鈴木徹の適時三塁打などで2点を加えて、3点差に追い上げる。9回には2死から東海林がソロ本塁打を放ったが、追い上げもここまで。3回目の出場でも、大会初勝利はならなかった。
しかし、天理相手に良く粘ったと思います。7点差を2点差まで追い上げたのはすごい。天理も内心焦っていたでしょうね。
地方大会のゴタゴタであれこれ言われたかもしれませんが十分立派でしたよ。
次は初戦突破を目指してください、


【第三試合 駒大苫小牧6-4南陽工】
この勝負・・・駒苫の辛勝でした。
田中は7安打14奪三振とこの数字だけでは、一見好投したように見えるのですが、試合後に本人が「甲子園での試合で一番きつかった」と語ったとおり、制球が今ひとつ。四球が元での失点が何度かありました。

序盤は駒苫のペースでしたが、中盤は南陽工ペース。
南陽工の山崎監督は今日の試合の前に相当駒苫研究されたようです。
「田中を5回までに80球以上投げさせてチャンスをうかがえ」
実際5回終了時には90球以上の投球数でした。監督の狙いは的中!
5回に主将立野の犠飛で1点返すと、7回には守備練習中に右肩を脱臼した立野に代わって出場の山田の2点タイムリー2ベースで一時1点差にまで追い上げた。立野は守備でも好守ぶりを発揮。
アクシデントにも負けず本当にあと一歩でした。



応援にまつわるいい話発見。
http://www2.asahi.com/koshien/88/news/TKY200608100275.html沖縄県人会のパワーは凄まじいものがあります。沖縄県代表が出る試合の前、アルプス付近で集合している応援団の人たち。その中にちらほらと「○○沖縄県人会」という小旗をツアコンのように掲げている方を数人見受けます。ついでに天理のブラバンにも少し。アルプスで重厚な音色を響かせているブラバンですが夏の場合OBとレギュラーかから外れたブラバン部員だと思われます。というのも、天理のブラバンは全国大会で何度も金賞を獲るほどの高校ブラバン屈指の実力校です。しかし、丁度今の時期は全国大会に行くためのコンクールに向けて猛特訓中のはずです。でもあの音色が出せるんですから素晴しいもんです。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード