スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会7日目

早実・大阪桐蔭戦を見に行こうとしたんですよ。
しかし、梅田(大阪)に着いて、いざ阪神電車の改札をくぐろうとした瞬間、

「阪神甲子園球場は満員になりまし

た。入場券をお持ちでない方は

ご入場できません。」


と無常のアナウンスが・・・・・(涙)。
ヤケクソで阪急百貨店の「美味い物市」でピエール・マルコリーニのアイスをダブルで食べて(まいう~♪)観戦は自宅で見ることになってしまいました。


【第四試合 大阪桐蔭2-11早稲田実業】
投手力の差がはっきりと出た試合でした。
大阪桐蔭打線が早実エース斉藤の前に2ランの2点だけ。
看板打者の中田を無安打3三振と封じ、横浜戦でHRを放った謝敷を1安打。小杉には3回に2ランを打たれ、乱打線に持ち込まれるかと思いきや、最後まで試合の流れを渡しませんでした。斉藤は完投で6安打、12三振、四死球1、自責点2と完璧。4回以後は散発の4安打に抑えました・・・これじゃ桐蔭は勝てない。
投げては元々立ち上がりに不安のある石田が早々に早実打線に捕まり1回に船橋のタイムリーで1点、3回に2死から四球・死球ときて5番船橋に豪快に3ラン。2番手投手松原が何とか4イニングを1失点で切り抜けたものの、味方打線は沈黙、リリーフ陣は崩壊。

肩の負傷で外野に回った中田を流れを変えるために2・3イニング登板させるかとも思ったんですが、西谷監督は将来のことを考慮して結局出さなかったのではないかと推測します。結構期待してたんですけどね。

しかし、終始ポーカーフェイスで連投した斉藤はあっぱれ。
打高投低が著しい今大会、辛うじて「絶対的エース」として期待できるのは彼と仙台育英の佐藤くらいしかいないのではないでしょうか?
すごく悲しいことだけど・・・。


その他3試合。
今日は「こんな点差であって欲しい試合」が2つもあって良かったほうですね。
【第一試合 帝京10-2如水館】終始帝京が押し気味の展開。帝京は1回、不破の先頭打者本塁打で先制。2回には犠飛で1点を追加。6回、7回と如水館が小刻みに得点し同点に追いつくが、直後の8回に中村、塩沢の連続本塁打などで3点を勝ち越すと、9回には雨森の本塁打を含む打者一巡の猛攻で一気に5点を加えて試合を決めました。如水館捕手・柚木は4度走者を刺す高守備を見せました。帝京の1試合チーム4本塁打は、大会タイ記録。第82回大会の智弁和歌山以来となる3校目4度目。 【第二試合 香川西2-1日大文理】こういう引き締まった試合を待ってました(その①)。両校とも再三得点のチャンスはあったものの、好機を潰したり、後1本が出なかったりして中々点が入らない展開。 香川西は6回、安打で出塁した西山を犠打で進め、春名の適時二塁打で均衡を破り先制、続く木下の適時打でさらに1点を追加した。先発の豊岡は緩い変化球を巧みに配して完投しました。 日本文理は8回、無死満塁の好機をつくったが、長谷川の犠飛で1点を返すにとどまった。9回にも2死三塁としたが、あと一歩及ばなかった。 今大会注目投手の一人であった地方大会唯一無失点だった日大文理の横山ですが・・・うまいこと香川西にかわされたというか・・・悪いのは得点された6回だけなんですよ。ここで消えるかぁ~。中々前評判のいい投手が勝ちあがれません(涙)。【第三試合 高知商2-3鹿児島工】こういう引き締まった試合を待ってました(その②)。高知商は2回、無死二、三塁から中岡の適時打で2点を先行。追いかける鹿児島工は4回、1死一、三塁から新川のスクイズと榎下の適時打で同点とする。しかしその後の高知商は、4回に1死満塁、7回に2死三塁の好機を生かせず、9回にも無死一、二塁の好機を得たが、得点できなかった。 一方鹿児島工は7回に鮫島の適時打で勝ち越すこれが決勝点。先発の榎下は緩急自在の投球を見せて踏ん張り、9回には下茂が好救援。春夏通じて初めての甲子園で、初勝利を挙げました。公立校、グラウンドの狭さ、初出場・・・53年ぶりに鹿児島大会を制し、49代表校最後に現れた球児たちの試合はまだまだ続きます。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。