スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会14日目

1658b9ce.jpg
もう明日で終わるのねん、と一抹の寂しさを覚えつつ・・・・・。


【第一試合 智弁和歌山4-7駒大苫小牧】
本来駒苫は好きなチームなんですが、香田監督がリリーフ投手を育成せずに田中のワンマンチームに作ったことと、その田中のパフォーマンスの良い悪い落差が激しすぎるのでどーにも本腰入れて応援できないっす。
そんなわけで近いこともありどうしても智和歌に肩を入れがち。

やはり智和歌が価値を逃した最大の要因は初回の攻撃だと思います。
駒苫先発菊池の立ち上がりを攻め、セカンドのエラーと送りバントで1死3塁。2死となって4番橋本のタイムリーであっさり先制。その後連続四球で2死満塁。
何と駒苫は初回で投手交代!!
ここが試合の分かれ目だったんですよ。ここで智和歌・馬場が長打を放って加点していればその後駒苫打線が目覚めても、田中が出てきてももうちょっと持ちこたえられたんじゃないかと思うのですよ。この残塁が後々響きましたねぇ。

駒苫はすぐさま反撃。
智和歌先発松隈を攻め、犠打と犠飛で2死3塁とし、本間が3塁線にタイムリーで先制。このあとショート強襲のあたりを取りきれずに2点目。さらに山口の2点タイムリーで追加点。
この回、2死からなんと4失点・・・一番あかんパターンなんとちゃぅ?
高嶋監督はたまらずエース竹中に交代。

その後、智和歌は4回まで何とか1点差で駒苫に食らいついていくが、5回に本間の2塁打で追加点のきっかけを作る。
ここで智和歌にしてはいけないミスが出た。
続く鷲谷のゴロを3塁へ悪送球。本間は3塁へ、打者鷲谷は2塁へ進塁。
田中のタイムリーで6-4。
さらにWPで鷲谷が生還して7-4・・・・・・・。
あとは(おそらく決勝に向けて温存しておきたかった)田中が8イニングをバリバリ投げて4回以降は散発の4安打。10三振といい出来でして(^^;
田中が出てくるまでにある程度点を入れておけば智和歌が勝てると踏んでいたんですが、素早い交代に逸らされてしまいました。

3回の1死1・3塁のチャンスを逃したのも痛かったなあ。
内野守備も結構乱れてたし・・・勿体無い。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。