FC2ブログ

タイプの違う芯の強さ

延長引き分け再試合の決まった瞬間、球場内の張り詰めた空気が溜息と共に弛緩していくのがなんとも表現し難かったです。

「雑にならないよう、辛抱強く投げました」(田中)
「球を低めに集めることだけを心がけました」(斉藤)

あの雰囲気の中で冷静さを失わずに投げられるだけでもすごいんですけどね。
試合後も冷静に振り返れるんですから2人の精神力の強さには驚嘆するしかない。


「3連覇がかかっているなんて最初から頭にない」(田中)
「今日で高校野球は終わりのはずでしたが」(斉藤)

しかし2人とも、
「もう1試合できるのはうれしい」
らしい・・・・・。




両校の健闘を改めて祈りつつ仕事にいきますぅ~。春にも延長引き分け再試合を経験している斉藤。(このときには関西相手に再試合で勝利)1年に2度もこんな経験できる人もそうそういないんじゃあ。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード