スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センバツ2010・春 第六日

b743234a.jpg
94cfc4b1.jpg敦賀気比練習中。
向かいの花咲徳栄のプラバンがパンチの効いたいい音を出しております。


【第二試合 敦賀気比7-5花咲徳栄】
敦賀気比に緊急事態。開幕戦で先発して九回途中まで投げた左腕の高原が大会前に痛めていた左脇腹の故障を再発。急遽大久保が先発(だから立ち上がりいまいちだったんだ・・・)。それでも大久保は6回までは危なげなく投げてました。
しかし7回に捕まりだし、2失点で2番手桾沢に継投するもこれが裏目。5回までに奪っていた6点のリードは3点差に。8回裏3番手白崎に継投した時には無死満塁の大ピンチ。センター前に返されて差は2点。(このあたりになると敦賀気比アルプスはお通夜状態・・・)なおも1死満塁で一打逆転のピンチは続く。ここを何とか併殺に打ちとってピンチ脱出。
勝利の大きな呼び水となったのは9回表、中尾の値千金のセンターまえタイムリーの1点。この1点で重苦しかったアルプスが一息つけました。それまではホント「やべえ、追いつかれるぅ~(泣)」って空気でしたもん・・・。

花咲徳栄は天理戦で好投した五明が序盤で捕まったのが誤算。
でも後半の猛追は脅威でした(^^;明日補足向陽の藤田良く投げた。野手も良く守った。三振に切って取られた日大三の打者が心底悔しがる様はある意味爽快でした。強打の日大三が相手でしたからね。もっと点差がつくかと思いきや2点差。大健闘です。これで「21世紀枠に・・・」なんて言わせませんよ。アルプスも初々しくて爽やかでした。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。