FC2ブログ

イアン・ソープ引退

シドニー、アテネ両五輪の計5個の金メダル、11の世界タイトル、13度の世界新記録を生んだ競泳男子のスーパースター、イアン・ソープ(24)=オーストラリア=は21日、シドニーで記者会見し、「競技者として、水泳をやめるという非常に困難な決定をした」と述べ、現役引退を発表した。
引退の理由について「『水泳がなければ、わたしの人生は何なのか』という疑問がわいた。他のことを試さなければならないと思った。わたしは次の段階を見ている。わたしは、自分が行う最も重要なことを分かっている」と述べた。将来の復帰の可能性については「私は何事も排除しない。しかし、そういうことは起きないだろう」と語った
(スポーツナビ中人に抜粋)
http://www.sanspo.com/sokuho/1121sokuho010.html

家主さん、か~な~り~凹んでおります
速いのにゆったりした独特のフォームも、
おっとこまえなルックスなのに厭味さが全く感じられない爽やか~な笑顔と落ち着いた物腰は好感持てるし、本は買うわ、ヤクルトと共同開発したソーピードは買い捲る(味も好き~)わでそりゃもうどっぷり嵌ってただけに残念で仕方なくって・・・

引退理由は大きく分けて2つあるようです。一つはシドニーオリンピックの活躍で一躍国民的スターになり、メディア露出や多くのスポンサー契約を抱えるプロとして、始終注目される存在になり、水泳に集中するだけのモチベーション維持が困難になったこと。現に、最近はハンバーガーを食べて太り気味などと非難される報道が多く、地元テレビのインタビューで「真実は違う。1週間に40時間は練習している。プライバシーを確保したい。自宅の外で待つカメラマンを避けるために時間を無駄にしたくない」と拠点を移す理由を訴えた(今年8月)という報道もされています。もう一つは、日本のニュースでははっきりかかれてませんが、何らかの感染症に罹っているようで、競技生活を送れる状態まで体調が回復しないようです。前者は同じ年齢の北島康介が直面しているそれであり、トリノ前に異常なフィーバーに曝された安藤美姫や、安藤と入れ替わるようにして取り上げられている浅田真央にも起こりうる事態です。選手としてのピークの早い水泳競技と言えど、24歳での引退を、「勿体無い、まだやれるじゃないか」と取るか、「十分やったからここらが潮時」と取るか、評価が分かれるところでしょうが、家主さんとしては、まだ続けては欲しいけど、このまま重圧に押し潰されて人生台無しにして欲しくないし、何より本人が熟慮の末に出した決断だろうから、その意志を尊重するしかないというところですね。プロ契約を結んでいるスポンサーとの絡みもあるでしょうから相当悩んだと思います。せめて北京までは・・・と思ったんですけどね。持たなかったかぁ。引退会見の表情がちょっと疲れているように見えました。ちょっと岩崎恭子とダブってしまいました。お疲れ様でした。しばらくゆっくり休養してからこれから進む道を模索してください。あなたのガッツポーズが大好きでしたよ。しかし、寂しくなるわさ、水泳界
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード