スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センバツ2010・春 第七日

【第一試合 広陵1×-0宮崎工】
初戦はよろしくない出来だった広陵の有村が今日は調子良かったみたいです。4回までパーフェクト。被安打は散発のわずか2本。
いい投手戦でした。連打が出た分、広陵に勝機が来ました。やはり春はなんだかんだで広陵強い。
宮崎工の浜村も被安打8ながらも失点はわずか1。粘り強く投げましたが打線の援護がなかったですね。


【第二試合 神港学園1-2中京大中京】
こちらも接戦。中京大中京は3季連続のベスト8。
守り中心の神港学園にエラーが出て中京大中京が先制。その裏、神港学園は横川のタイムリーで追いつき、六回は失策、内野安打と盗塁で無死二、三塁と勝ち越しの好機だったが、森本に後続を断たれ、七回以降は無安打に抑えられてしまいました。
決勝打は昨夏の優勝メンバーからはもれていた小木曽。俊足とバッティングの精度を上げてベンチ入りを果たし、この日のヒーローとなりました。


【第三試合 智弁和歌山2-7興南】
この結果はちょっとショックだったな~。いくら島袋擁す興南とてもう少しもつれるかと思ったんですが・・・ああこれで天理に続いて智和歌のブラバンも聞けないのね(涙)。高島監督の通産勝利数は59でストップ。

5回、1点のビハインドから無死満塁から押し出しで同点にすると、犠飛とスクイズで同点。8回には真栄平の2ランなどで駄目押し。13安打7得点の猛攻で智弁和歌山に圧勝。3番我如古はこの日大当たり。5打数5安打だ点1と大活躍。1回戦からの連続安打を「8」とし、報徳学園の平本竜太郎(09年)以来、甲子園史上8人目の最多連続打数安打を記録。

投げては、エース島袋が強打の智弁和歌山を2点に抑え2試合連続の完投勝利。10安打を浴びたが、味方打線の大量援護にも助けられ、3度目の甲子園でベスト8に進出。注目のスラッガー西川遥に打たせなかったのが大きいですね。
智弁和歌山は自慢の強打が沈黙。2回の3連打、4回の2連打は鮮やかだったが、チャンスで送りバント失敗など、拙攻が目立った。リードを奪われた中盤からは打線がつながらず、興南の好投手・島袋に屈した。


う~ん・・・興南が沖縄尚学のように勢いに乗るか。広陵も春に強いしな~。
混沌としてまいりました。
明日全部美味しいよなあ~。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。