FC2ブログ

センバツ3日目②

【第二試合 室戸2-1報徳学園】

64e942ed.jpg室戸アルプスより。外野席寸前までぎーっしり!甲子園と同じ市内にある報徳よりも多い(^-^;


大概の人が報徳の圧勝を予想していたと思います。
家主とて例外ではありませんでした。
なのに、

近田はいつエンジンがかかるんだろ~?
報徳打線はいつ火が付くんだ!?


と見ているうちに、

終っちまったよ
しかも負けたしっ(;´Д`)


さすが荒れるセンバツ。室戸先発の森沢。球速は出ても130キロ中盤が中心。体格も170cmと小柄な方で余り力で圧すタイプではなく、8四死球も出しながら(普通こんなに出したら負けるよ・汗)常に低め低めの投球を心がけており非常に粘り強かったです。また、エースで4番ということもありよく打ちました。点に絡まなかったものの2安打と打撃妨害で計3回出塁。攻撃の山場は7回。先頭打者の小松が中安で無死1塁。続く柳弘が送り、北岡が四球を選んで1死1・2塁。ここまで報徳の近田はここまで出ても130キロ半ば。力をセーブしているのかとてっきり思い込んでいたのですが・・・。打線はトップに戻りここまでゴロと三振2つと打てていない泉(家主の近くでは「おら~、ちったぁ打てよ泉ぃ~」とおっちゃんの声が(^^;))。汚名返上の右前適時打!小松がホームを突き、報徳捕手糸井が落球して先制点。なおも1死1・3塁のチャンスに松本が左前適時打でもう1点追加。よもやよもやの室戸の先制点が入る。家主の周りのおっちゃん、おばちゃん総立ち(^^;チェンジでレフトの守備位置につく泉に応援団から拍手喝さい(笑)。この試合最大の山場が8回裏。この回の森沢の投球は荒れ気味。報徳は先頭打者の竹田がストレートの四球で出塁。中尾の犠打と糸井の死球。小杉の右飛で竹田がタッチアップして3塁へ。続く片山は頭部への死球で2死満塁。もう、報徳の打線が怖くて気が気じゃない~。しかし室戸バッテリー踏ん張りました。中西を中飛に打ち取り反撃を阻止。室戸はバックの好守備も大きな勝因になりました。7回には前田と近田の連打で1点を返され、なおも1死2塁のピンチ。ここで代打井上の抜けたら同点の当たりをショート柳弘が横っ飛びで好捕。すぐさま2塁へ送球でダブルプレー最終回の守備も抜けたら間違いなく長打の当たりを中山主将が好捕。その中山主将は「うちは守りには全く自信がない。100%というより200%の力を出せた」と謙遜してました(苦笑)。この2つのプレーは大きかった。報徳は毎回走者出してるんですけどね・・・攻めきれませんでしたね。準決勝で大阪桐蔭と当たると思ってただけにかなりショック~。トトも大ハズレだし~orz。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード