FC2ブログ

センバツ3日目①

家主不覚!
甲子園についたのが第一試合半ば。慌てた余り恒例の「対戦ボード」撮影を忘れました(>_<)
悔しい・・・・・orz

【第一試合 千葉経大付5-4中京】
4ac2ce6b.jpg

両チーム小刻みに点を重ねる緊迫した試合展開。
4-3と中京リードの6回、中京先発川口がボーク。これが試合の分かれ目になったように思います。そして8回の千葉経大付は交代した2番手小亦の立ち上がりを攻め、先頭打者の丸が左安、続く大島が中越えの二塁打。丸が一塁から一気に走りこんで生還。決勝点となりました。
大島4打数4安打(大会第一号ソロ)と大当たり。
なお、親子鷹対決で注目される試合でもありましたが、千葉経大付・松本、中京・小嶋共に無安打に終りました。


【第三試合 宇部商4-3日大藤沢】
序盤は日大藤沢先発古谷のほうが調子良かったです。しかし中盤にかけて宇部商先発高橋も持ち直し、一進一退の展開になりました。
両チーム突き放す機会がありながらなかなかあと一本が出ない展開に「こりゃ延長かいな~」とだれ気味になった9回裏、宇部商の先頭打者林の打った打球はふらふら~~~っと家主が観戦する方向へ。

あ~、これじゃファウルかな~。
つーことは延長かぁ~。

ほえ~んと打球を目で追ってましたら、

がんっ!!!

なにやら鈍い金属音。
三塁塁審が腕をグルグル回している・・・ってことは!

ホ、ホームランっすか!?

つーことは、

サヨナラっすか!?

目の前のポールに当たった~。
ルール上あれに当たったらHRってのは知ってたけど初めて見た!
しかもサヨナラHR・・・。

選手、観客、テレビ観戦の人。とにかくあの試合を目にしていた人は一瞬何が起こったかわからなかったはず。
余りにもあっけなく劇的に終ったんで日大藤沢の応援団は「まだ何が起こったのか実感が湧かない」といった風情でアルプスから撤収していきました。
ちょっと気の毒だったっす(;´Д`)。宇部商の林。4回のゴロ崩れ先制点といい、6回の勝ち越しスクイズといい、締めのポール直撃サヨナラソロといい、なんだかんだで得点に絡んでいるあたりこの試合のラッキーボーイ。日大藤沢のエース古谷も前得点をたたき出す活躍。なお、林のサヨナラHRは第76回大会の済美の高橋以来、通算17本目。日大藤沢の山本監督は中日の山本昌の弟さんだそうで。「あの本塁打は切れると思ったが…」とつぶやいた後、言葉が続かなかったようで・・・目の前でみた家主が唖然呆然だったんですから・・・。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード