スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会8日目

今度こそ♪
ca15671b.jpg


【第一試合 北陽3-5広陵】
大会屈指の投手として注目されていた唐川に投げ勝った野村。
上本(崇)・土生の足でかき回す打線。
総合的に劣るのはわかってたので、北陽の勝ちはないのは端から覚悟の上。

しかし野村の出来は良かったですねぇ(^^;
立ち上がりこそ先頭打者の池田と3番野瀬の安打で1死1・2塁といきなりチャンスを迎えたのですが、4番益田の抜ければ長打の右飛を好捕。このプレーが制球に苦しむ野村の力になったそうです。2塁走者の池田がタッチアップして2死1・3塁とし、迎える打者は主将タッちゃんしかしあえなく三振ここで点を入れられなかったのが痛かったなあ。
その後北陽打線は2回から6回まで三者凡退の有様に・・・・・

試合が動いたのは2回。広陵は6番野村、7番福田の連打で1死1・3塁とし、8番前田が右線上適時打で1点先制。しかし、続く林を野瀬が好捕し、すぐさま2塁へ送球して前田を刺すナイスプレー
広陵の厄介なのは打力というより上本(崇)と土生の機動力。塁に出たらほとんど走ってました(しかもノーサインだそう)。憎たらしいほど決まってましたね(--;これがまた点に繋がるのよ。3回には1死1塁から上本が連続で2盗・3盗。そこを土生と山下に左右に長打され2点を追加されてしまいました。5回にも土生の中適安と2盗で2点追加。

7回の、広陵は先発野村を少しでも温存しておきたかったのでしょうか?2番手上本(健)に交代。これが野村に封じられていた北陽を目覚めさせることに。
3番野瀬が中越安で一気に3塁に到達。4番益田が犠飛で返してまず1点。6番八木がまたまた中越3塁打。続く秋本に四球を出したところでたまらず野村再登板。3回に山下と接触して負傷した大山がラッキーな遊内安となりもう1点返して2-5。

8回裏のピンチを凌ぎきり、最終回の攻撃に移る北陽。
ここで広陵は3番手で野林がマウンドに上がる。
しかし何故か控え投手に代わった途端打たれだす広陵(^^;
この回も先頭打者の益田、続く上杉に連打され、野村がこの日3度目の登板八木に犠飛を打たれて一点を失ったものの後続を断って試合終了。

正直ここまで粘ってもらえるとは予想していなかっただけに嬉しかったですね。
エース秋本も終盤調子よくなってきて追加点許してなかったし、大山はクロスプレーの接触で鼻の下を負傷しながらも2点目の内野安打に貢献したし。これといったヒーローがいるわけでもないけど、よく纏ったいいチームだったと思います。
来年4月には関大と合併して「関大北陽」となるだけに、北陽の名でセンバツ出場はこれで最後になる可能性もあるのです(寂しくて初めて校名入り記念球買っちゃいました)。ええもん見せてもらいました。ありがとう。《北陽アルプスにて》・背後におった東住吉の野球少年たちよ、カメラに映ろうと(映ったかは不明)集団パフォーマンス、大声援ご苦労さん。面白かったで(笑)・北陽は男子校。なのに20人ほどのチアガールをどこから呼び寄せたのでしょう??・やはり上杉”主将”タッちゃんのHMはタッチだった(笑)。一番盛り上ってたHMでございました(爆)。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。