スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センバツ11日目

報徳と大阪桐蔭が消えた時点で帝京の優勝は決まったな、と正直思ったわけですよ。
しかし、こんな決勝は流石に予想できませんでした(正確にはトトで唯一優勝の可能性のある方がお1人)。

第79回センバツ決勝は、

常葉菊川vs大垣日大

共に初出場同士の決勝となりました。【第一試合 常葉菊川6-4熊本工】常葉菊川が最終回に鮮やかに逆転!常葉菊川の粘りには驚かされるばかり。そういえば大阪桐蔭戦も8回と9回で追いついたっけ。彼らに「追い詰められた」っていう脅迫観念はないらしい。町田は大阪桐蔭戦に続いて勝負どころで良い働きをしました。相馬や石岡の強気のバッティングもいいなあ(*^^*)試合は両先発の立ち上がりが不安定。2回表、常葉菊川は4番相馬の右安とWPで無死2塁とし、5番中川の右翼線適時二塁打で先制。しかしすぐさま熊本工が2回裏、敵失に1番藤村の左翼線三塁打など長短打をからめ3点を挙げ逆転。 続く3回表、常葉菊川は2死一、二塁から相馬の右中間適時三塁打で同点。が熊本工は4回に 2死二塁から藤村のこの試合2本目の三塁打で勝ち越し。今日は盗塁よりも走塁で3塁打にする好走塁を見せた藤村。熊本工先発隈部は序盤こそ不安体だったものの、中盤から持ち直し、5回から8回まで常葉菊川打線を1安打に抑える。だが、9回に石岡と甲子園初打席の代打浅原に連打され同点に追いつかれた時点で2番手藤本に交代する。1死三塁から町田の中前適時打で勝ち越し、さらに相馬がもう1点を追加し2点のリードを奪った。常葉菊川は5回から2番手戸狩が登板。5イニングを散発の3安打に抑え、熊本工の勢いを削いだ。常葉菊川は2回目の出場で初の決勝。【第二試合 帝京4-5大垣日大】希望枠・初出場の大垣日大が残りました!帝京は初回1死二、三塁から4番中村が右翼へ犠牲フライ、5番鎌田にも右前適時打が出て今日も幸先良く2点を先制した。しかし帝京は投手陣が大誤算。1回裏、初登板の先発高島が175センチと体格に恵まれないながらも140キロ台後半も出る投手なんですが、1・2番を連続四球で早くも2番手太田に交代。代わった大田も攻め立て、6番箕浦、北上の連続長短打などで4点を奪い逆転に成功。3回表、帝京は2死三塁から中村の右前適時打で1点を返す。4回裏、大垣日大は2死三塁から4番大林の左前適時打で1点を追加、リードを再び2点とした。帝京はこの回の途中で大田に代えて、3番手投手として広陵戦で好投した垣ケ原を投入。この日一番良かったのは垣ヶ原。4回1/3で被安打0、奪三振4、四死球0。ナイスリリーフ。 2点を追う帝京は7回表、2死一、三塁から鎌田の左前適時打で再び1点差に迫ったが、ここまでの3試合全て1人で投げ抜いている大垣日大の先発森田が158球と粘りの投球で後続を断ち、バックは9四死球と苦しい森田を好守で再三助けて逃げ切りました。 太田・・・タラレバになるけど、やっぱりあの負傷が痛すぎた・・・。5回の四球絡みの2死満塁とか六回一死三塁からのスクイズ失敗も痛かったですねぇ。静岡県勢の決勝進出は、第50回大会(1978年)を制した浜松商以来29年ぶり、岐阜県勢は第31回大会(59年)準優勝の岐阜商(現県岐阜商)以来48年ぶり。さて、最後の軍配はどちらに上がるか。あ、昨年の秋季大会の準決勝でこの2校当たってるやん!!(ちなみに4-0で常葉菊川の完封勝ち)ってことは、大垣日大にとっては借りを返す絶好のチャンス。常葉菊川にとっては防衛戦。気分的には常葉菊川。日大系はアルプスが蛍光ピンクで目に痛い・・・(^^;常葉菊川も蛍光グリーンだったけどね(笑)。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。