スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドタバタレースと快挙達成!

【第3戦 スペインGP決勝】
2007年シーズン、敵はフェラーリだけではなくチームメイトにもいたアロンソが逆襲を期すと息巻いていたであろう母国GP。予選もPPマッサに僅差の2番グリッド。しかし、しか~し!蓋を開けてみればトラブル続発の荒れたレース。

フォーメーションラップ後、スタート直前にトゥルーリにマシントラブル。今季ベストの6番グリッドがフイになってしまい、実に勿体無かった。挙句の果てに8周でピットガレージに納まり、僚友ラルフまでもがリタイヤと散々な結果に終わったトヨタ。いくら何でも情けなさ過ぎる

1コーナー、アロンソがアウトからマッサを抜きにかかるものの、もう一伸びが足りず、はじき出されるようにコースアウト。4番手に順位を下げてしまう。ここは渾身のブロックを見せたマッサを褒めるべきか(^^;バーレーンの勝利が自信をつけたかな?4位でレースに戻れたアロンソはラッキーだった(苦笑)。



なんと、わずか8周目にライコネンにトラブル!コーナーでがくん!とスピードが落ち、レース序盤で4強の1角が崩れる予想外のアクシデント。フェラーリに移籍しても不幸星は離れてくれないのだろうか・・・。その後もトロロッソもスローダウン。ストレートエンドでスピードの左リヤがバーストしたり、ラルフとヴルツが接触したりと、今季のスペインは荒れ模様の展開。

好調BMWのハイドフェルドはせっかく引っ張って1回目のピットインしたのに、ロリポップマンの指示が早すぎて右フロントのホイールナットが脱落するアクシデント。(脱落したナットをアピールしてたトヨタのクルーはナイス!)しかも最終的にトラブルでリタイヤ。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
ま、車の安定性は不変ですし、クビサが着実に走って4位には入ったんでまだ救われてますけど。せっかく車とドライバーの調子がいいのでクルーのミスがないようにしてもらいたいです。

ホンダの2台は何やってんだか・・・。
ピットアウト後の1コーナーでチームメイト同士が接触。バトンのノーズが吹っ飛び、バトンは2周連続のピットインをするはめに。無理をしなきゃいけない理由ないでしょ!
いかにホンダのチーム状況が悪化しているか推測できますね。完全にSAF1に抜かれてますよ!それでもいいんですか、ホンダさん!!



残り6周でフィジケラが3回目のピットイン。
以外にギリギリのタイミングで琢磨が遂に入賞圏の8位に浮上!!
あら?たくちゃんデビュー時のチームメイトがフィジコだったんだ。
そして、国際映像も母国グランプリであるはずのアロンソはそっちのけ。マクもトップのマッサもそっちのけ。琢磨とフィジコの競り合いに注目し、二人のオンボード映像満載!!堅実な走りを見せた琢磨はフィジケラを振り切り、8位入賞。SAF1に待望の1ポイントをもたらしました

アグリさんおめでとう。
琢磨おめでとう。(デビッドソン、次は君だ!)
SAF1おめでとう
(残りは別記!!)


で、表彰台はマッサ、ハミルトン、アロンソの順になったわけですが、なんと4戦連続表彰台に上がったルーキーのハミルトンが30pでポイントリーダーに躍り出てしまいました(((( ;゚д゚)))
これは今季チャンプ争いに燃えるアロンソ、マッサ、ライコネンにとってはとてつもない脅威です。絶対にミスできませんし、下手したら優勝しなくてもチャンピオンとれたりなんかして・・・・・想像するだけに恐ろしい。でも夢物語と言い切れないだけのインパクトがあるハミルトン(今回ちょっとだけはみ出したけどね)。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。