スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子ゴルフ界も活気付くか!?

男子プロゴルフツアー、マンシングウェアオープンKSBカップにアマチュア参加した15歳石川遼が通算276の12アンダーで初優勝。77年の日本オープンでセベ・バレステロス(スペイン)が記録した20歳7カ月の国内男子ツアー最年少記録を大幅に更新する初の高校生優勝。アマチュアのツアー優勝は、1980年の中四国オープンを制した倉本昌弘以来、史上2人目。
女子の宮里藍が03年に優勝した際の18歳101日の記録も塗り替えた。
なお、海外男子ツアーの最年少優勝は、米国は19歳10カ月、欧州は18歳9カ月。

石川はツアー初出場。2日目まで3アンダーの23位タイ。初日が強風で中止となったため、1日で36ホールを回った20日に9打スコアを伸ばし、プロ・アマ計144人が参加した大会の頂点に立った。(毎日新聞より)
 

女子は藍ちゃん、さくらちゃん、桃子ちゃん、美穂ちゃん(アミノサプリのね)etc...と若いプレーヤーが続々出てきてるのに、どうして男子は出てこないんだろうと常々物足りなさを感じてました。宮里兄弟は妹人気に引きずられる形で知名度は知れ渡っていますが(タレント性は申し分なし)、成績はそこそこ行くんですけどね(今大会も兄弟揃って4位入賞)。結局勝ってるのは30代以上の選手が多いし・・・。
そんな中、面白い逸材がおじさん、お兄さんを蹴散らして勝ちました!
でもアマチュア参加のため、優勝賞金は2位の宮本勝昌が獲得するんだそうだ(半額でいいからあげればいいのに!)。

アマチュア選手が優勝し、その後「プロ宣言」をした場合、その年の残り試合と翌年から2年間のツアーシード権を獲得するルールがあるようです。しかし石川は、
「高校を卒業してプロになりたいと考えていた。周囲と話し合ってどうするか決めたい」
としばらくは足場を固める模様。
目標とする選手はタイガー・ウッズだそうです。
日本もね、18・9くらいの選手が時折おじさんたちを脅かしてくれれば男子ゴルフも活気付くと思いますよ。石川君が新しい風が吹くきっかけになってくれればいいなあ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。