FC2ブログ

交流戦7R

【阪神2-1オリックス】
勝ちましたけど、9割方はオリックスの試合でした。
ある意味劇的なクライマックス。言い方を変えればタナボタ。

阪神の先発はプロ初登板の上園。
初回に犠飛で1点奪われたものの5回を投げて4安打4三振、2四球、暴投1はまずまずの出来といっていいんじゃないでしょうかね。ランナーしょってもびびることなく投げてたし。
ハシケン、久保田、藤川のリレーも危なげなし。
ただ、打線が相変わらす芳しくなく、オリックス先発平野の前に凡打の山。いいところがまるでありません(;´Д`)

そんな試合が動いたのが8回の攻撃。
先頭打者の今岡が出塁して送ろうとした鳥谷がバントを打ち上げる。これを取ろうとしたオリックスの捕手日高が鳥谷の足に躓き転倒。これを主審谷が守備妨害とし、抗議した岡田監督が退場処分。

でもスローで見る限り、
鳥谷の足はまったく動いてないんですけど。ついでに視線は打ち上げた打球を追ったまま。
日高が自分から動いてけつまずいてるんじゃない
それなのにどうして鳥ちゃんが守備妨害なのさ!
審判4人もおって誰も見てへんのかい


結局判定は覆らず1死1塁。
この後シーツが意地のショート内野安打で1死1・2塁となるものの、平野が桧山と狩野を封じ、嫌な流れを切る。
正直ここで点を取れなかったので終わりだと思ったんですけどね~。
ドラマは9回に待ってました。最終回の攻撃。この回からオリックスは平野から加藤にスイッチ。先頭の赤星が四球を選び出塁。関本がバントを打ち上げてしまい送れず。1死1・2塁となったところで、ここまで3三振と当たりの出ていなかったいすけちゃんがレフト線の2ベースを放ち1死2・3塁。金本敬遠(勝負しろ!)で1死満塁。代打に入った藤本なら打ち取れると思ったオリックスにとってはよもやの誤算。四球で押し出し~!!よもやの同点。たまらずコリンズ監督は高木に変えるも、その高木が岡田監督退場のきっかけになった鳥谷の背中に、死球!!よもやよもやの、勝ち越しサヨナラ押し出し死球~!!ありか、そんなん・・・・・(^^;一応本拠地で勝ったものの、お立ち台に上がる人はいないだろうおもたら鳥谷が上がってた(^^;上がった本人が「いや、僕なんかが上がって恥ずかしいです」って戸惑ってますやん(苦笑)。確かに今日2回も体張ったけど。ま、いいか。タナボタでも・・・・・。勝ったし
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード