FC2ブログ

野球特待生よか悪質じゃないかい!?

大阪市住吉区の私立大阪学芸高校(近藤永校長、生徒数約1500人)が2006年度の大学入試で、成績が優秀だった1人の男子生徒に志望と関係のない学部・学科を多数受験させ、合格実績を事実上水増ししていたことがわかった。
関西の有名4私立大(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)の計73学部・学科に出願しすべて合格。受験料計約130万円は同校が全額負担していた。大学入試センター試験の結果だけを利用して合否を判定する入試制度を利用したもので、合格発表後、生徒側に激励金名目で5万円と、数万円相当の腕時計を贈っていた。文部科学省は事実関係を調査する方針。
関係者などによると、同校は5年前、4私大などを受験する生徒の受験料を負担する制度を設けた。規定は非公開で一部生徒だけに告げられる。 (読売オンラインより)


「こんなに合格するとは夢にも思わなかった。あくまで生徒の確実な進学のバックアップのためだが、73という数字は事実だから合格実績を高めるためと思われても仕方ない」
だなんて校長はコメントしてますが、常識的に志望校以外に受験するのもおかしいし、関関同立(関西の合格指数のバロメーター)だけ大量に受験しているのもおかしいでしょう!受験した男子生徒も受験料は学校負担で自腹切らなくていいし、お金や物ももらえるし・・・ってことで引き受けたんでしょうが、自分のしたことわかってるんでしょうか?
学校の不正(嘘)に加担したんですよ!

ただ、受験制度にも問題があるのは事実。
・大学入試センター試験だけで複数の大学と学部を同時受験も可能である。
・センター試験の結果だけで合否が決まる入試がある。
全て合格してしまう彼はよほど優秀だったんですね(だからこそ学校に見込まれたのだろうけど)。
文部科学省も余りにいびつな出願には調査を行う必要があるのではないでしょうか?
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード