スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒し効果は抜群。しか~し!

ユライ花


やっとフルアルバムが出ました。
しかし、よくよく見るとアルバム用に書き下ろした曲が数曲あるためにはじき出されたシングル(ミニアルバム)曲が。・゚・(ノД`)
「手紙」とか、「街」、「なつかしや」なども入れて欲しかった~。

以外にはまるのが「Ave Maria」。
独特のヴィブラート(つうかコブシですな)がド・クラシックな曲に映えます。
しみじみと染み渡ってくる「それぞれに」、
晩夏の昼下がりを連想させる「真昼の花火」、
勿論1stシングルの「花」も。
まぶたを閉じると風景が浮かぶ声を持った世にも稀な歌い手です。
日本より先に台湾でブレイクしているので、台湾版フルアルバムも是非日本版で出して欲しいです。

反面、「星空の下で」程度なら良いのですが、「Goin’on」のようにパーカッションの打ち込みを多用しすぎると、この人の持ち味であるコブシが消されてしまい、特徴のないポップスと化してしまいます。封入されているライナーノーツではご本人が意欲的にチャレンジした旨の記述がありますが、できればシンプルな伴奏で歌っていってほしい。平井堅の二の舞はゴメンなので(「スロトベリー・セックス」とか「POP STAR」の路線はイタダケナイ)。

もう一つ、実体験から。
昼間はいいのですが、暗くなってからのドライブには不向きです。
さらに人気の少ない道、悪天候でさらに威力が増します!!
以上、友人と京都某所を彷徨った時の感想です(苦笑)。「それぞれに」を好きな俳優であるアンディ・ラウがカバーしてたり、「真昼の花火」でコーラスに有坂美香嬢(パワフルなボーカルは必聴!)の名前と、敬愛する二胡奏者ジャー・パンファン氏の名前を発見したりと・・・別の意味で度肝を抜かされたアルバムでした(^^;
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。