スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏み切りの決断かあ・・・

今シーズンからルッツジャンプとフリップジャンプの踏み切り基準が厳しくなるとは聞いてましたが・・・選手にとってそこまで大変なものだとは。

荒川静香いわく、
「修正に1シーズンはかかる」
大変な作業だそうです。
当然ジャンプを得意とする選手には大きな決断を迫られることになります。

報道ステーションの放送内容によると、ファイナル進出を決めた女子シングル選手は対象的な選択をしました。
浅田真央は本来アウトエッジで踏み切るルッツをインエッジで飛ぶくせを修正しないまま減点覚悟で飛んでいます。
一方の安藤美姫はインエッジで踏み切るフリップの修正には成功しましたが、変わりにルッツの成功率が低下。結果的に転倒が増え、ファイナル進出を逃してしまいました。


くせって意識しなくてもついつい出ちゃうんですよねぇ。
家主もコーヒーフレッシュの中身をコーヒーですすぐくせが・・・(^^;


世界のトップ選手を悩ませる新ルール。
正確にルッツとフリップを飛び分ける選手はほとんどいないそうです。
しかし、そんな中でコーチいわく「教科書どおり」に飛び分ける選手がいます。

ヨナちゃん、あなたってすごいわぁ(驚)。


※ちなみにルッツ、フリップのエッジ違いはジャッジ表にWrong Edgeの略で「e」と記されています。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。