FC2ブログ

センバツ08 7日目

今年は本当に好試合が続きます。
大量点差が出たのって智弁和歌山vs丸子修学館だけ?

[第一試合 明徳義塾3x-2中京大中京]
2回戦最後の試合。
明徳義塾は2回、石橋のタイムリーで先制。
しかし中京大中京も反撃。3回、上戸の右中間タイムリー2塁打で逆転。
明徳は6回、2つの四死球と相手のエラーで2死満塁とし、安田が押し出し四球で同点。今大会2回目の延長戦に入る。

延長10回、明徳は2死からサードの悪送球で走者が2塁に進塁。石橋のタイムリーでサヨナラ勝ち。

勝敗を分けたのは四死球とエラーかな。
中京大中京のエラー2つは結果として得点に影響している。
明徳も決していいところばかりではなかったから勿体無いな。


[第二試合 履正社5-7聖望学園]
聖望は初回、履正社先発三村の制球難と守備の乱れにつけこんで1点を先制。2回には近田が左中間を破る2塁打と2つの四死球で1死満塁とすると村田が右中間を破るタイムリー2塁打で2者が生還し3-0。
ここで履正社は三村を諦め2番手石井に変えるが勢いを止められず、城戸の二ゴロをセカンド吉田が本塁へ悪送球し4点目。さらに1死満塁とし関口の犠飛で追加点。この回大量4点を失い、履正社は苦しい展開になる。

6回まで聖望の注目投手大塚に抑えられていた履正社打線は7回にお目覚め。
2死から小谷が右中間へ3塁打など6連続長短打で4点を跳ね返す。

履正社に傾きかけた流れを止めたのが大塚。
7回、大塚が自ら履正社の勢いを削ぐ大会9号ソロ。これで試合が決まりました。
大塚は完投で10奪三振。とはいえ被安打は履正社投手の倍の14。要所を締めているといえば締めてるんですけどね。目ざといチームには足元を掬われるかも。


[第三試合 平安3-3鹿児島工](延長15回引き分け再試合)
6回表、平安は9番川口がこの試合初安打を放つと手堅く三塁まで進め、1死三塁の好機をつくるも得点ならず。
6回裏、鹿児島工は無死一、二塁からバントエンドランの失敗で2死二塁となったが、相手の失策や四球で2死満塁と再び好機を迎えるもあと一打が出ずこちらも無得点。
7回表、平安は二死から四球の児玉を一塁において7番荒竹の適時二塁打で先制すると、8番河野の適時打で1点を追加、この回一挙2点。
7回裏、鹿児島工もすかさず反撃に移る。2死二塁から1番大当の打球が相手の失策の間に二塁走者が生還し1点を返すと、2番福迫の安打、3番梶丸の適時打でさらに1点、一挙2点を返し同点に追いついた。
10回表、平安は2死三塁の場面でこの試合途中出場の2番青木が遊撃前に転がる内野安打を放って勝ち越しに成功。しかし、その裏の鹿児島工は1死二塁から4番中道の執念の適時打で再び同点に追いついた。

その後、両者スコアリングポジションに走者を進めるも、決め手を欠き延長15回を終えて引き分け再試合に。 

鹿児島工内村は15回を完投。球数は194球。
平安は3人で継投策。
試合の雰囲気としては5年くらい前の東洋大姫路と花咲徳栄の延長再試合に似てました。どっちもそうハイレベルな試合運びとは言い難いし、ミスも取りこぼしもあった。しかし、真剣勝負にグダグダ言うのも無粋なのであさっての再試合に臨んでくだされ。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード