スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センバツ08 9日目

6979fb84.jpg

↑悔しいが代理です。
せめて第三試合が終るまで看板撤去しないでよ~!!


【第一試合 平安1-0鹿児島工】
鹿児島工は引き分け試合で194球を投げぬいた内村を外野に回し、左腕の石堂が先発。平安は変わらず川口が先発。

先制点は平安。4回、2死から児玉がライトオーバーの3塁打。続く河野がセンター前に弾き返し、これが決勝点となりました。

鹿児島工の石堂も良く投げてましたよ。
被安打数では平安の川口よりも少ない4安打(川口は6安打)。
ただ、そのヒットが集中して出たか否かの違いでした。
両チームとも内野守備が良かったですね。無失策です。
今日も平安の1塁手、福田の足はよく開いてました。家主よりも開いてます(^^;

d0eed16a.jpg
おまけで原田監督の後姿なんぞを・・・(*^^*)


以下、第二・第三試合。【第二試合 智弁和歌山2-1宇治山田商】ちゅ~
ある意味甲子園という大舞台でこんなことが出来てしかうあなたたちは凄いです。また効果覿面だったらしいし(^^;※しかし、後に全国に流れたことで高野連に苦情が寄せられ、智弁和歌山に注意があったそうです。そして相手に失礼ということで部内でも禁止になりました・・・え~そんなにおふざけかあ!?宇治山田商は4回、木田(恵)のソロで先制。対する智和歌は8回に反撃。2死2塁から勝谷のタイムリーで同点とし、今大会3回目の延長戦へ。延長10回、宇治山田商は北川がレフト前ヒットで出塁。片岡が送って先制のソロを放った木田(恵)の当たりは大きな放物線を描いてフェン氏直撃の長打になるかと思われたが、智和歌のセンター田浦が追いついて好捕。これが抜けていれば宇治山田商が勝ってたかも・・・。11回、智弁和歌山は先頭の坂口が右中間を破る二塁打、1死後、高橋が左翼線へ打球を放ち、坂口が生還、これが決勝点になりました。《余談》この対戦は「アフリカン・シンフォニー」対決でした。本家は智弁です。が、対岸で負けじと宇治山田商ブラバンも張り切る(唸りまくるホルンさんとユーフォさんは本家より気合入ってたかも)。しかも結構上手かったりする。お陰で右から左からひっきりなしに同じ曲を聞く羽目に(^^;【第三試合 天理10-1華陵】21世紀枠がこれで潰えてしまいました(涙)。しかも華陵エース宇野が慶応戦の前から指を負傷していたようです。14安打で10得点で圧勝。仕方ないっちゃあ仕方ないんで華陵を褒めよう!アルプスの応援団良かったですよ~。3割くらい「駒苫テイスト」だったけど(笑)。攻撃前のファンファーレが「I can’t turn your loose」といい、ドラムセットのイントロといい、「恋のバカンス」といい・・・。ひょっとしてブラバンレベル結構高いんじゃないんですか?少なくとも中国大会くらいは出てそう。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。