スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町田樹2位表彰台

【四大陸選手権男子】
SP6位の町田樹がフリーで巻き返し合計217・48で2位表彰台に入りました。
頼みの綱のYou TubeですらSP含めて映像が無いのでどうしようもないのでジャッジ表でしか判断するしかないのが悲しい。フリーでは2度の3Aは成功を始めGOEマイナスが無いのでほとんど完璧な演技だったのでしょう。
SP69・60、フリー147.88、合計217.48でともに07年にジュニア大会で出した自己ベスト(フリー117.69、合計177.20)を大きく更新してます。

女子に比べて五輪出場選手がほとんどいないので、フジテレビが一切無視、ということは目ぼしさが無いと思ってんだろうな。
しかし、五輪出場は逃したとはいえ、レイノルズ、リッポン、ブラッドレイ、ムロズ、ソーヤーと中々の実力者が揃っています。この面子の中で2位に食い込めたのは素晴らしいこと。しかもシニア国際大会初出場で初メダルゲットです。

昨年末の全日本選手権では4位に入賞してますんでね。
小柄だけどダイナミックかつ整った良い演技をする選手です。
日本の男子も女子に決して劣らない層の厚さです。バンクーバー選考会こそ高橋、織田、小塚の3選手抜きんでていたものの、4年後のソチに向けて町田はもちろんのこと、いつシニアに昇格するか楽しみな羽生結弦、ダンス能力はピカイチな佐々木彰生、羽生と同学年の田中刑事(凄い名前ですが本名です・・・今年度の新人賞)や日野龍樹など10代の選手が続々と控えてますから楽しみです。
あ、小学6年生にして全日本ジュニアで3位に入った宇野昌磨も忘れちゃいけません。


でもマスコミはそこまで伝えてくれないんだな~。【男子シングル最終結果】(入賞圏内)1位:アダム・リッポン(USA) SP:69・56(7位)、FP:156・22(1位)、合計225・782位:町田樹(JPN)SP:69・60(6位)、FP:147・88(2位)、合計217・483位:ケビン・レイノルズ(CAN)SP:81・60(1位)、FP:131・39(8位)、合計212・994位:ブランドン・ムロズ(USA)SP:70・88(3位)、FP:141・80(5位)、合計212・685位:ライアン・ブラッドレイ(USA)SP:66・22(8位)、FP:145・97(3位)、合計212・196位:ナン・ソン(CHN)SP:72・95(2位)、FP:136・73(6位)、合計209・687位:ショーン・ソーヤー(CAN)SP:62・36(10位)、FP:143・98(4位)、合計206・348位:ジャリャン・ウー(CHN)SP:70・33(5位)、FP:133・27(7位)合計203・60南里康晴(JPN)171.36(12位)中村健人(JPN)152・69(17位)なんだか、フリーで巻き返した人と、フリーでこけた人の差が激しいな(^^;町田くんも凄いが、それを上回ったのがリッポンだもんね。4回転は無いものの、コンビネーションは確実に加点もらってるしスピンは全てレベル4。アメリカの男子も層が厚いからな~(^^;一方のレイノルズくん・・・SPは4回転コンビネーションも3Aも決めて完璧なのにフリーが(涙)。4Sは決めてるんだけど回転不足が2つ、転倒2つともったいない成績に終わっちゃいました(涙)。アメリカとカナダが良い選手派遣してくれたので見応えはあったはず、です。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。