スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の裁判は長すぎる

山口県光市の母子殺害事件の差し戻し審の判決が出ました。
判決要旨の一部
これだけでも心情的に十分たまらないですよ。遺族にとって忘れたいこと、封印しておきたいことを改めて具体的に曝されるんです。しかもニュースになればより多くの一般社会の人々にも知れ渡ってしまうわけで・・・。

さらに追い討ちをかけるのが被告の反省の無さ、死刑廃止を大義名分に自分のキャリアを上げようとする弁護士、この裁判に要した9年という長い月日。
どれほど本村さんを始め被害にあった妻子、ご遺族の方々が被告と弁護士陣に辱められ、愚弄されてきたことか。公判の度に悲しいんだか悔しいんだかとてもモヤモヤした心情抱えてましたよ。

儀式だ?
ドラえもんだ?
ちょうちょ結びだ?
母のぬくもりだ?
そんな言い訳が正当化されてたまるもんか!

本村さんは強い方です。同じような事件に巻き込まれたとして、一から法律の勉強をして、ある意味世間の好奇の視線に耐え、度重なる被告と弁護団の聞くに堪えない主張に耐え、被告への恨みを晴らすよりも中々保護されない被害者及び遺族の心情と意見を司法の場に、社会に新たな楔を打ち込むために9年の月日です。そこまで自分をつぎこめる人は極々稀でしょう。ほとんどの人が歳月の長さに萎えてしまうでしょう。それを激高することなく冷静に、淡々と(しかし見えないところでは精一杯自分を奮い立たせ)会見に望まれる度、余りにも痛ましいんでこそっと貰い泣きしておりました。まだ完全に終ったわけではありませんが一区切りついて安堵しました。あくまで個人的な考えです。人を殺めたら基本的に同じ罰を受けてもいいんじゃないですかね?一部の偉い大学の教授さんは年齢のことや、殺害した人数がどーたら、更正重視とかおっしゃいますけどね、『一度失われた命は戻ってこないんですよ』『被害者だけでなく周囲の人々の人生まで変わってしまうんですよ』永山事件をやたら引き合いに出されてますけど、当時の社会と今の社会とは情勢が異なるでしょ。ある意味人間関係が希薄になってるから犯罪を犯すにも「そんな理由で?」ってくらい安易で軽率で理解不能な凶悪犯罪が増えている昨今、何十年前の罰則で更正できる度合いは下がっていると思うんですよね。悪知恵の働くものは刑罰に引っかかる境界線を見極めて犯罪犯してますよ。事件の度合いによっては年齢も何もないでしょう。真面目に生きてるものには泣き寝入りをしろということですか?加害者の権利が被害者と遺族の権利よりも守られている以上、死刑存続はあっていいと思います。一生刑務所から出さない終身刑という制度が日本に存在しない以上は。最高裁はどうか弁護団の出したアホな上告を即刻棄却してください。そして鳩山法相、即刻ハンコおしてください。野党のみなさん、どうかそれまでは大人しくしててください。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。