スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせなら逆がいいな

国際スケート連盟(ISU)は08~09シーズンからジャンプの基礎点を引き上げることを発表しました。同連盟の技術委員会が難度の高い技への挑戦を促進し、相応の得点を与えるのが目的。
ただし、あくまで成功すれば高得点になりますが、失敗すれば(特に転倒ともなれば)大幅に得点が下がるのでより完成度を求められる改定になっています。

《一例》
3A・・・(旧)7・5→(新)8・2   +0・7
4S・・・(旧)9・5→(新)10・3  +0・8
4T・・・(旧)9・0→(新)9・8   +0・8

上から
浅田真央・中野由加里、
安藤美姫、
高橋大輔
が飛ぶ可能性のあるジャンプです。

でもなあ、個人的には余り歓迎したくないのよね。
フィギュアスケートってジャンプだけで決まるわけじゃない。
スピンもあればステップもある。芸術性だって求められる。

実際の滑り見てて、あまりジャンプをバンバン飛ばれると何かこう、明らかに得点狙ってるのがミエミエで逆に興味削がれてしまう。3連続ジャンプなんて正直プログラム中1回だけで十分(ISUさん、3連続コンビネーションにも規制お願いします)。
この上ジャンプの基礎点まで上げられたら、ますますジャンプ祭りに拍車がかかりそう。ジャンプ至上主義はんた~い!!

個人的に上げて欲しいのはスピン、スパイラル、ステップ、芸術点の方です。
上がっているものもあるんですけど、ジャンプに比べれば上げ率が低いんですよね
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。