スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスノート、ハリウッドでリメイク

一昔前なら日本の文化が海外でも認められたか、と喜んだけどね。
今のハリウッドじゃ喜べない。駄作になるのが目に見えてるから。


ほんっっっっっと!
「ディパーテッド」で懲りたわ!



↑香港映画「インファナル・アフェア」のリメイク。
これで監督賞、脚本賞などアカデミー賞4部門取っちゃった・・・。


夜神月が法律で裁けない犯罪者をデスノートの力で断罪するわけでしょ?
アメリカ文化じゃそんなに悠長なことしなさそう。
いともあっさり銃で片をつける、って考えが多そう。(そういえばディパーテッドも矢鱈滅多ら銃撃戦多かった)

無理に月役やL役を持ってこずに、デスノートの設定のみを引用してアメリカ様式にオリジナルストーリーにすれば良さげだが・・・・・そこまで才能のある人いないよね?中途半端なリメイク作品しか作れないもの。
CGバリバリ使って、
銃ガンガンぶっ放して、
ついでにちょいと色っぽいシーンでも入れましょうか、ってとこか、

原作を劣化させるだけ。
それが今のハリウッドの実力ってもんさ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。