スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待通りの大混戦

【フィギュア男子シングルSP】
帰ってきた帝王プルシェンコが10番滑走で高得点を叩き出し、早くも独走態勢に入る・・・と事前予想立ててたんですが、やはり五輪はふたを開けてみなければわからない。

プルシェンコが自己ベストに及ばないとはいえ90・85という高得点。
しかし高橋がノーミスで決めPCSではプルシェンコを上回る90・25で3位。織田も初めての五輪に臆することなく攻め84・85と4位。今シーズン絶好調キープ中のライサチェクが割って入り90・30で2位。

小塚くん、一皮むけた大胆な滑りが素晴らしく良かったのにPCSがなんでそんなに低いんじゃ~(--;
ランビエールが欧州選手権からうまく調整して5位。
こりゃあ6位のウィアーまでわからんぞう。


ジュベールに関しては・・・ショックが大きすぎます(涙)。
何でこんなにまじめに取り組む人が、安定感抜群の4回転を持つ人が、表現力を持つ人が五輪のメダルと縁がないんだろう。むごいよ~、むごすぎるよ~(>_<)

前回のトリノとは違い、時差の関係でどうしても録画観戦しかままならないのが悔しいよう。
(ISUからリンクしているジャッジ表がいつものと違うから分かりづらいよう。減点が着氷ミスなのか回転不足なのかわかんないじゃんか!)個別に。【1位プルシェンコ:TES51・10+PCS39・75=90・85】ジャンプに関してはもう貴方様の上に立てるものはおりません(^^;冒頭の4T・3Tのコンビネーション、3A、3Lzとも文句のつけようがありません。この3つのジャンプだけでGOE加点が4(だはははは)。ただ、スピンが全てレベル4をもらった反面、ストレートラインおよびサーキュラーのステップシークエンスがレベル3判定。トリノに比べたらやはり見劣りしちゃう。【2位ライサチェク:TES48・30+PCS42・00=90・30】いや、ライサ好きなんだけどさ。でも日本勢があそこまで好調だとこの位置がかなり複雑(^^;あの身長でどうして素早い動きが出来るのか、回転軸がぶれず、細い回転軸のジャンプが出来るのか、本当に不思議。【3位高橋大輔:TES48・90+PCS41.35=90・25】いやぁ、驚いた。ここまで点が出るとは正直思ってなかったんで(^^;冒頭のコンビネーションのセカンドジャンプが微妙だったんで減点を心配したんですが、回転不足無しで3F・3T認定。プルシェンコには及ばないものの、ジャンプでもかなりのGOE加点もらってます。圧巻はストレートラインステップ。おそらく男子で唯一のレベル4獲得。そしてPCSではプルシェンコを抜きました!ぱちぱち~彼はどこまで行ってしまうんでしょ~(^^;【4位織田信成:TES46・00+PCS38・85=84・85】高橋に比べるとPCSが出ないのが今のこの人の弱い部分。しかし、舞い上がることなく冷静に、しかしいつも以上に大胆に攻めた。スピンも目標のレベル4取れたし、まずまずの出だしじゃないでしょうか?【5位ランビエール:TES41・48+PCS43.15=84・63】復帰がプルシェンコよりはるかに遅かったんで時間的に間に合うかとても心配だったんですが、かなり良い状態に仕上がってきたな~。独特の世界観は健在。スピンは全く衰えてません。4T・3Tのコンビネーションが決まっていたら…もっと上位だな。それはそれで複雑(^^;【6位ウィアー:TES42・90+PCS39・20=82・10】今日もお綺麗で(笑)。GPファイナルに比べたらちょっと迫力不足だったような。Fのエッジエラーがもったいない。最後の決めポーズがなぜか投げキッスでした。ま、かまへんけど(笑)。長野銀のストイコが男子のダークホースは彼だとコメントしたらしい。ホンマかいな??? パトリック・チャンはちと納得いかず。3Aのステップアウトはきちんと減点されてるんだけど、ストレートラインステップでバランスを崩してもレベル3出るの?やっぱりロシェットと同じでおまけか(--;
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。