スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90回記念大会9日目

今日は好試合連発。


【第一試合 鹿児島実4-1宮崎商】
九州勢同士の対戦は今大会初の延長戦に。
鹿児島実は3回、四球と安打に森田のタイムリーで1点を先制。
その後は宮崎商の赤川、鹿児島実は3回から代わった岩下の投手戦へ。
1点を追う宮崎商は8回に松本の2塁打で同点とし、延長戦へ。
そして延長12回、鹿児島実は2死1・2塁から中尾のタイムリーで1点を勝ち越し、なおも上坊、森田のタイムリーで2点を追加し、宮崎商を振り切りました。

両チーム非常に見ごたえのある好試合でした。
12回を一人で投げきった宮崎商の赤川、10回のロングリリーフを被安打4、10奪三振で乗り切った鹿児島実岩下。両者あっぱれ!
奮闘する両エースを無失策の硬い守りで支え続けた野手陣にあっぱれ!


【第二試合 報徳学園5-4智弁学園】
あの~、やっぱり近田の凄さがわからない・・・(^^;
第一試合に続いての接戦。2点をリードされた智弁は5回2死2・3塁から土井のタイムリーで同点。報徳はすぐさま井上のタイムリーで1点を勝ち越し、6回にも小谷のタイムリーで1点を追加し4-2。
しかし智弁が9回2死から3連打で同点に追いつく脅威の粘りを見せる。
10回、報徳は連打と四球で無死満塁とし、氏家の犠飛で2試合連続のサヨナラ勝ち。

あ~あ、密かに期待していた智弁対決は幻に終わってしまった・・・(涙)。


【第三試合 関東一5-2鳴門工】
関東一が5安打で4点を挙げ効率的に勝利。
安打数のみなら鳴門工が上回ったのですが、関東一の松本に要所を抑えられました。


【第四試合 浦添商12-9千葉経大付】
本日はこの試合のみ観戦(だって第二試合は第一試合から会場入りしないと到底無理なんだもん・・・)。2試合分のエネルギー使いました。初回から浦添商打線が爆発。千経付斉藤の立ち上がりを攻め、漢那の内野安打に始まりバントあり、スクイズあり、タイムリーあり、暴投ありで大量5点を先制。その裏、斉藤が「なめんなよ」とばかりに見事な2ランを叩き込み反撃開始・・・かと思いきや、2回には伊波のタイムリーと悪送球で2点を追加。3回にも2点を追加で序盤3回で早くも9点。投手戦になるかと思いきや3回持たずに千経付斉藤をKO。浦添商の打力もさることながら、相手の隙を見逃さない走塁、確実なバント、多彩な攻めは見ているのが退屈になってくるほどお見事。しかし、やはり千経付は黙っちゃあいなかった。7回、無死2・3塁から樋口がレフトスタンドへ3ラン。さらに内藤のタイムリーと谷の2点タイムリーであっという間に1点差!!流石に浦添応援な家主も青くなった(^^;そして3塁側のブルペンでは投球練習をする斉藤の姿・・・ということは戻すのか?大丈夫か?8回の浦添商の攻撃。いつもならチャンス時にしか演奏されない「ハイサイおじさん」が初っ端から全開。加えて満員のアルプスに陣取った応援団の声援が加わり、ただならぬ雰囲気が(^^;その執念が通じたかヒットと悪送球で1死1・2塁とし、宮平がレフト線へ2点タイムリー。貴重な貴重な追加点が入る。これで「気の緩みがあり、投球が短調になった」伊波が立ち直った。140キロ台を連発し、全力モードの投球へ。最後は2者連続三振で締め、両チームあわせて23安打の打撃戦に終止符を打ちました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。