スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・アカデミー賞!

滝田洋二郎監督、本木雅弘主演の「おくりびと」がアメリカ・アカデミー賞の外国語映画部門で受賞。
また加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が短編アニメーション部門で受賞。
アメリカのアカデミー賞はあくまでアメリカ人のための賞だと思ってたんで2部門で評価されたのは予想外の驚き(でもうれしい)。

滝田監督は唯一、監督の名前で信頼して見ようと思えるお方なんで嬉しい。
モッくんもね、地道に役者を追及してきた結果だし(でもこの企画を持ち込んだのはモッくんらしい・・・)。
恥ずかしながら納棺師というお仕事が存在すること自体、この映画で初めて知りました。今では「綺麗なご遺体」は葬儀会社の方がほとんどこなされてしまうため、納棺師の出番となると事故などで傷ついたご遺体が回ってくることが多いそう。それを綿花を入れて膨らませたり、傷を目立たなくするようにメーキャップしたり、着付け、御顔剃りなど、ご遺体を綺麗にして棺に納める・・・それらを短時間の間にこなさなければならない。大変なお仕事です。人間にとっていつかは訪れる死。死者の国へ旅立とうとする故人を精一杯の敬意をもって見送りたい。遺族の思いをお手伝いするお仕事と・・・さまざまな記事を見て思った感想です。日本人の死生観が海外で評価されたのは素直に嬉しい。どこかでやってるかしらん?まだ見てないのよね(^^;
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。