FC2ブログ

チーム・バチスタの栄光(映画版)

次回作「ジェネラル・ルージュ」の宣伝目的とはいえテレビ放映サンクス♪
家主はTVドラマ版、原作本の次にこれを見ております。


一言でいうと「軽い」。
流れに強弱がないもんだから「さらさら~」って話が進んでいく。


2時間の枠に納めるためには端折らないと到底入りきらない。
しかし、もうちょっと田口と白鳥の掛け合いに時間を割いても良かったんじゃないの?竹内結子の田口はボケすぎ。阿部寛の白鳥は変人に徹しきれていない。
コンビとして出来上がりきらないまま終わってしまった感が(^^;

ソフトボールのシーンはいらね(呆)。
吉川晃司の桐生からオーラを感じない(天地人の信長もだけど)。
桐生・鳴海コンビの描写をもうちょっと欲しい。
ココリコ・田中の氷室は期待どおり(欲を言えばもうちょっと時間が欲しい)。
最後の手術例で白鳥がオートプシー・イメージング(AI)の結果を伏せ、田口に薬剤をすり替えさせて手術を成功するくだりは納得のアレンジでグッジョブ。

事件後に氷室の予兆に気付けなかった自分を責めて落ち込む田口に、いつもは愚痴をこぼしにくる常連患者たちが「今日は俺たちが先生の愚痴聞いてやるよ」って言ったシーン。あそこは微笑ましい気分になった。
この映画で一番評価できるシーンです(ちなみに原作にはありません)。


な~んかダイジェストを見た感じであっさりでした。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード