スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センバツ2009 3日目

なんだかんだ言っても我が郷土は気になります。
一応録画してあるものの、仕事終わってもまだ終わってなかった大熱戦。
ああ、生で見たかったよう

【第三試合 福知山成美5-2国士舘】
福知山成美はエース長岡が先発。一方の国士舘先発はエース荷川取ではなく左腕菅谷。序盤はどっちもどっちな立ち上がりで・・・(^^;ただ、この菅谷が憎いことに中々やるのです。立ち上がりが不安定な割には大崩せず、しょっちゅう走者を背負いながら最少失点で抑える。試合が進むごとに落ち着きが出て安定度が増し、ボール先行気味ながらも要所で低めに決まる。そして内野守備も尻上がりに調子を上げていく。

福知山成美は1回にしぶ~い攻めで先制点を狙い1点、2回に相手のミスで1点追加。
しかし、国士舘は貪欲に攻めてくる。3回菅谷が内野安打で出塁するとセーフティバント(福知山成美の守備はいいです)と犠打で繋ぎ、原島の2点タイムリーで同点に追いつく。以後、長岡と菅谷の投げ合いが延々と続き延長戦へ。どうして国士舘はここで荷川取に変えなかったんだろう?長岡より投球数多かったのに。

そして天の入らないイニングが続くこと10回(^^;
延長15回細野のヒットを足場に2死2・3塁とし、田嶋の左中間2点タイムリーでようやく勝ち越し。さらに渡部にもタイムリーが出て福知山成美が3点を勝ち越し。後は守るだけ。後は14回から登板した香川が〆てようやく安堵(^^;

長岡は13回までで181球。菅谷は15回途中までで226球。
二人ともお疲れ様。もちろんチームのみんなも応援団もお客さんもお疲れ様でした。


あう、これで次は清峰とです・・・【第二試合 清峰4-0日本文理】何と3年前の準々決勝でも対戦している両校(しかも家主観戦してました)。奇しくも3年前と同じ点数となりました。注目の右腕今村が投打に活躍。打っては先制のソロ(大会600号メモリアルアーチ)、4回には追加点の起点となる内野安打、8回にはダメ押しのタイムリー。投げては序盤3回はコントロールが定まらず苦しい投球。しかし中盤から持ち直し、最終的には12奪三振で完封と大車輪の活躍。しかし胸板ごついな~(^^;とはいえ日本文理にも十分チャンスはありました。今村の立ち上がりが良くなく、再三塁上に走者を置くもののあと一本が出ず、攻めあぐねている間に今村が立ち直ってしまい、得点はならず。投手陣もそう悪くなかった。先発伊藤、2番手本間、3番手松田といずれもテンポよく投げ、コントロールも悪くなかった(四球1しかないし)。中々に見所のある試合でした(録画だけど)。【第一試合 報徳学園2-0高岡商】これもいい試合だな~。何と、和田豊さんの息子さんがファーストで先発出場!先制点のきっかけとなるヒットと打ってました眉毛と目もとがお父さん似かな。報徳先発宮谷が5安打8三振1四球と素晴らしいのですが、高岡商先発渡辺の成績も決して引けを取らないほど良く、6安打7三振無四死球で球数は宮谷よりも少ない99球。4回以降は1安打に抑えていただけに打線の援護がなかったのが惜しいな~。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。