スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両方わかるんだけどね~

福岡市教委が、小中学校の給食で出るパンの食べ残しの持ち帰りを、衛生管理の難しさを理由に2008年度から禁止していることについて、市議会3月定例会で8日、論争があった。「食べ物を大事にする食育と相反する」と、保護者が自己責任で望む場合は持ち帰りを認めるべきだとの指摘が続いたが、市教委は「児童生徒の安全が第一」として、姿勢を変えなかった。

 「家庭では、買ってきて残ったパンをすぐに捨てるんですか? 」。市木潔議員(公明党)の問いかけに、山田裕嗣教育長と飯野毅紀教育委員長は「捨てたりはしない。子どもにも『食べ物を大切に』と指導している」と答えるしかなかった。

 市木議員は、市内のある中学校で1日に出る食べ残しパンを撮影した写真パネルを示し、「生徒は未開封と食べかけのパンを分けている。未開封で捨てることに大きな抵抗を感じていると思う」。さらに、市内の小学生が08年に新聞に投稿した「もったいない…食料が必要な人に配る方がいいと思います」との文章も紹介し、「持ち帰った場合に冷凍庫に入れたり、トースターで加熱したり、食の安全を保つ工夫を教えるのが教育ではないか」と続けた。

 持ち帰り禁止は、1996年に関西で起きた病原性大腸菌O157による集団食中毒を受け、国が基準を策定。市教委は保護者の訴えを受け、08年度にあらためて禁止を各学校に通知した。09年度には、中学校と小学校の一部学年でパンを小型化、食べ残しも家畜飼料に再利用する試みを開始。現在は大半は飼料にし、一部を焼却処分しているという。市教委によると、この問題で保護者や有識者などでつくる委員会が昨年、「万が一の際、市は責任を免れない。子供たちに被害者を出したくない」との意見をまとめた。

 この日は、平畑雅博議員(みらい福岡)も「事なかれ主義。全保護者に賛否を問うアンケートをしてほしい」と求めたが、市教委は「混迷をもたらす。完食を目指す取り組みを進めたい」とかみ合わなかった。(西日本新聞)

食事を提供する側としては、市教委側に賛成なんですわ。確かに小学生のころは余ったパンを持ち帰るなんてしょっちゅうだった。しかし、それは衛生知識が無かったから平気であって、子供に食事を出す側になってみるとやはり万が一が起こった場合が怖いんですよ。家庭じゃ肉や魚と野菜用の包丁とまな板は兼用だし、手も作業毎に洗うこともあまりない。でも職場じゃそれは絶対にできない。人様の子どもを預かってるから。だから必ず肉魚を切った後のまな板と包丁、ざるやボウルを使えばそれも熱湯消毒。梅雨時期、夏場は特に徹底。手の空いた時に冷蔵庫のドアや蛇口もアルコールスプレーや薄めたハイターで消毒したりしてます。勿体ない、という言い分もわかる。でも万が一に繋がり兼ねない要因は出来るだけ排除したいのが提供側の本音。でも公明党議員さんの言い分は随分乱暴。屁理屈以外の何物でもない。じゃあ、持ち帰ったパンが元で食中毒が起きたらどうするんですか?真っ先に責任取らされるのは提供する者なんですが?生徒本人や保護者が持ち帰りを認めたから責任ははあくまでそちらと主張してくれるんですか?学校、もしくは近隣地域で家畜のえさにするとか、再利用の方向を探すほうが賢明だと思うんですけどね。そもそも「食育」しろ、って言うんならさ、家庭でまともな食事の徹底をさせてくださいませんかね?提供側がいくら知恵絞って提案しても、所詮家庭の意識が変わらないと意味が無いんですよ(現にウチですら昼食に過度の期待をされすぎてる)。昼食はあくまで一日の食事量の1/3ですよ。わかってますか~???栄養も当然1/3ですよ。昼食で一日分の栄養満たせって言うんなら野菜強化していいか~?炭水化物抜きまくっていいか~??(あくまで極論です)現場とお役人の意識ってほんま乖離しております・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。