スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第97回選手権 8日目

んん~~~~~!残って欲しいとこが残らず、そうでないとこが残る。

【第一試合 早稲田実7-6広島新庄】
う~ん、広島新庄惜しかった!
両方とも良いとこは出たと思うんですよ。12安打にダブルスチールを絡める広島新庄の攻めといい、抜ければ試合の流れが映りかねない状況で出た渡辺の執念のキャッチと追いつめられた状況で出た決勝タイムリーとかね。
ただ、試合以外の「今日の清宮君」はいい加減にやめようよ。早実の価値下げるよ。
えっと・・・もしかして中国地方も全滅か!?


【第二試合 下関商1-9東海大甲府】
前の試合を見ていないからわからなかったけど・・・何気に東海大甲府の菊池、面白いキャラらしい。そして何よりあの体格、青森山田の柳田を彷彿とさせる(笑)。

試合は東海大甲府が好守に渡って下関商を圧倒。2回に飯塚の2ランで口火を切ると中盤から終盤にかけて着実に追加点を重ね、投げては菊池と松葉の継投で下関商に付け入るすきを与えず5安打1失点のみ。


長くなるから収納。
【第三試合 大阪偕成9-10九州国際大付】
偕星あと一歩!負けたことが悔しいんじゃなくて、今大会はもう見られない寂しさの方が勝る。実力が劣っているとは思わない。相手は前監督の下何度も甲子園に出ているし、監督さんもコーチで付いていたはずだから場馴れしている。この先コンスタントに出場できるようになれば甲子園での勝ち方を掴んでくれると思いたい。
楽しい野球をありがとう!
大阪の代表でこれだけワクワクしたのって記憶にないなあ。

試合の方は「真昼間の大花火大会」で1試合4本のホームランが飛び交う試合を見たのは初めて(^^;特に2HRの山本くんよ、恐ろしすぎる(元ロッテ監督の山本功児氏の子息)。

先制は許すものの、1本目の3ラン(岩崎)で追いつき、2本目の3ラン(山本)で勝ち越すとは何とド派手な点の入れよう。そもそも九州国際大付はクリーンナップがエグ過ぎた。3番岩崎が3打点、4番山本が打点4、そして1安打ながら犠飛が2本とサヨナラタイムリーの2番山口が3打点。全得点をこのクリーンナップが稼ぎ出した、あな恐ろしや。

光田も投打にわたってよく奮闘した。練習してきたことは全選手それぞれ出せたとは思う。
それと・・・試合が終わってからだけど、校歌を歌い終わり他の選手がアルプスに向かって駆け出そうとする瞬間、主将の岩崎が階星がわに深々と一礼・・・人格的にもできた主将だ。


【第四試合 花巻東8-3敦賀気比】
2回戦の組み合わせが決まった瞬間嫌だなと思ったのが当たってしまった。
花巻東は徹底的に平沼を分析してたな。平沼が投げているときは点が入り、2番手の山崎が投げている際には無得点だったんで山崎への対処法は見つけていなかったんじゃないかと。山崎は来年大いに期待できそう。東監督は山崎をそのまま続投でも良かったと思うんだな。

打線もこれまた加藤(17番)→高橋(1)のリレーに拒まれ、結局は篠原のホームランによる失点のみ。
ただその篠原主将、今大会に関しては「持ってる」のはこの人だったんじゃないかな。明徳戦ではサヨナラタイムリー、この日は試合を左右しかけた3ラン、その鮮やかさに期待したのか1死1・2塁で迎えた最終打席・・・ブラバンが止みアルプス全体から篠原コールが。いつしか外野席、内野席まで広がって何かお客さんのあったかさに感涙。

やっぱ春夏連覇って難しいのよねぇ。
PLがいかに化け物じみていたかが良~っくわかる。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。