スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第96回選手権 第8日

【第一試合 大垣日大2-4三重】
共に初戦を逆転勝ちで勝った両校。中盤以降の攻防は面白かったけれど序盤3回がね・・・ちょっと残念。中盤以降の状態が続いて最後に点が入る展開なら良かったんだけどなぁ。

ただ、勝ったとはいえ三重も「藤代戦の8点差大逆転」があったからいつ覆されるかヒヤヒヤしながらの戦いだったと思うよ~。

【第二試合 東邦2-3日本文理】
双方の持ち味が出ていた良い試合。日本文理・飯塚、東邦・藤嶋&大井投げた投手がみんな良い。飯塚と大井は3年だから落ち着きがあって当然だけど、藤嶋も堂々としたもん。これで1年かいな(^^;5回までは飯塚に負けてなかったんで来年再来年が楽しみな逸材ではある。怪我はせんといてな~、楽しみが減るぅぅぅ~。

興味深いことに点の入り方は逆といってもいい。
東邦は分離のエラーに助けられた部分が多く、文理はタイムリーでもぎ取った点。
ただ、双方とも可能な限り最低限のダメージに抑えたし、最後は飯塚の3者連続空振り三振〆。お見事。


【第三試合 星稜4-1鹿屋中央】
星稜は初回に佐竹のタイムリーで先制、その裏鹿屋中央も同点とし、一旦は食い下がるものの経験知の差は出たな。

追加点を先に挙げたのは星稜。
3回に先頭打者が出るときっちり送り、捕手ショートの暴投で勝ち越し。さらにタイムリーで1点を追加。8回にも1点を追加して試合が決まった。
とはいえ鹿屋中央も食い下がり、9回に1死2.3塁のチャンスは作ったものの後1本が出ず敗退。

星稜は16年ぶりの三回戦進出ですか・・・随分前だな。
松井の後、山本あたりか?


【第四試合 健大高崎10-0利府】
結構接戦を期待してた試合なんだけど・・・想定外の大差がついてしまった。
前回の岩国戦以上に「機動破壊」が炸裂し、利府まで粉砕してしまいました・・・。1イニング4回も盗塁試みるなんて誰が想像するよ(^^;完全に利府の投手陣が翻弄されてなす術なし。打っては脇本・長嶋・柘植のクリーンナップトリオ打ちすぎ、脇本はも一つついでに走り過ぎ。あんただけで4盗塁って(苦笑)。

佐賀北戦ではしぶとく打った利府打線も川井・高橋・石毛で完封リレー。
件台野球は見てて楽しいし大好きです。


ああ、ついに今大会好調の北信越同士の対決が実現してしまった・・・(^^;
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。