スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第96回選手権 第7日

心配されていた雨は朝方には止んだようで、砂を入れて整地すればどうにかなる範囲でした。
とはいえ日本海側は結構浸水してたけど・・・。

【第一試合 沖縄尚学3-1作新学院】
何と初回に互いがソロで1点づつ取り合う珍しい試合。

でも・・・1塁塁審さん、最後の選手が1塁に滑りこんだ時、1塁手の足はベースから離れとったよ(汗)。それと山城のストライクゾーン広くない?いや、尚学勝った方が嬉しいけどそれはびみょ~。14奪三振が素直に喜べない。


【第二試合 八戸学院光星4-2武修館】
これはね、初出場校であっても優勝を狙える強豪校にすら勝機を見いだせる指針となる試合だったんじゃないかと思う。
試合後のインタビュー見てたら武修館の監督さんが「相手の目先を変えるための継投策」と答えており、光星の・・・(ちょいど忘れ)誰かが「相手が継投して慣れるのに苦労した」と答えていたのでタイミング良く使えば十分有効策だと証明してくれたようなもん(そうなると昨日の東海大相模って・・・ほんま勿体ない)。
相手のミスを見逃さず先制点を挙げ、3投手の継投で7回まで優勝候補を無失点に抑え、野手は好守で盛り立て、一時はほんまに勝っちゃうんじゃないかと。惜しくも敗れてしまったけど、武修館にとっては沢山得るものがあった敗北じゃなかろうか。清々しくて良いもん見させてもらった気がする。


【第三試合 富山商3-1関西】
何だろ、何でだろ?関西って何でこうイマイチ勝ち星に恵まれないんだろう?

富山商は初回に坂本のヒットと内野守備の乱れで1点を先制。その後は富山商・森田と関西・逢沢の投げ合いで5回までお互い無失点の緊迫した試合になる。7回に富山商はさらに1点を挙げて関西を突き離す。関西は9回に1点を返すものの追いつくには至らず・・・。

森田は4安打11奪三振。日大鶴ケ丘戦に続いて完投勝利。


【第四試合 敦賀気比10-1春日部共栄】
春日部共栄がここまで歯が立たないのであれば平安が当たってたら・・・もっとボッコボコだな(^^;

敦賀気比は初回、春日部共栄先発金子の暴投で先頭打者が塁に出ると4番岡田がバックスクリーンへ2ラン。
気比アルプスヒートアップ♪
続く2回も色々重なりまして・・・春日部の3塁手原田の元に何故か球が行く(^^;強襲内野安打とか、バントとか、エラーとか(^^;この回も4点を挙げて試合の主導権は敦賀気比に。

ただ、そんなことは無いのだろうけど春日部の先発金子に打球が当たり一時試合が中断。これ以降何故か金子の調子が良くなり敦賀気比先発平沼共々無得点のまま試合が進む。あたりが全く無くなった打線に家主もやもや、気比応援団ももやもや・・・。

待望の追加点は8回。この回から春日部共栄は2番手渡辺に交代するものの気比打線が再びお目覚め。四死球に相手エラーが絡んだところへ浅井と峯(チーム唯一のエラーは帳消しやな)のタイムリーで4点追加。
ようやくもやもやが快勝され気比アルプスはお祭り騒ぎ。
春日部共栄は最終回に維持を見せ、3連打を見せ1点を返すもののいくらなんでも反撃が遅すぎた。

平沼は2試合連続完封は逃したもののちょうど100球で完投。
次は・・・好投手松本を擁する盛岡大付。負けるな、がんばれ。
え・・・武修館の監督さんって26なの(!!)。
しかも4月に就任したばっかなの!?

うそ~ん・・・・・(^^;;;;;
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。