スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第96回選手権 第6日

天気大荒れ(京都市内が冠水して全国ニュースになってもた)
甲子園も大荒れ
明日の天気も大丈夫か!?

【第一試合 近江8-0鳴門】
打率は共に4割越え。しかしながらここまで差がついたのは経験値の差か。
鳴門はレギュラーはほぼ2・3年で占められるものの、控えに1年生がゴロゴロ・・・。試合に出た1年生は交代を含めて5人。しかし実際に投げた投手が全て1年生はさすがに初めて見た。このチームは来年、再来年に花開くんじゃないかと思う。
一方の近江は小川が9安打されるものの要所はきっちり締め、打線もしっかり援護(しかしみんなミートが上手い)。


【第二試合 城北5-3東海大望洋】
今大会何気に九州勢残って無いのよね・・・初戦勝ったのは城北と初出場の鹿屋中央のみ。それも寂しい。
この辺から天候がかなり怪しくなり大変だったろうに。
試合序盤は東海大望洋が先行するものの、望洋は8回に同点に追い付きなおも辻上のタイムリーで2点を勝ち越し。後は
大西、諸富と継投して東海大望洋の流れを切りました。
東海大望洋ほ捕手は1年生だったのね。それで先輩方を押しのけ正捕手になったのは素晴らしい。しかし試合後のインタビューにあったように「経験値」の差が立ちはだかった。8回にスクイズで同点にされてから浮足立ってしまい冷静さを欠いてしまったようです。ただ、2安打2打点は挙げているのでこの先が楽しみではある。


【第三試合 盛岡大付4-3東海大相模】
東海大相模の投手リレーvsプロ注目の盛岡大付松本。
2点を先行され、東海大相模の先発青島に5回まで8三振を喫していた盛岡大付打線は2死から塁に出て遠藤のタイムリーで追い付き、立波の2点タイムリーで逆転。後は松本が東海大相模の反撃を許しませんでした。
あの・・・門馬監督。140km出せる投手4人いるんですよね?全員使えとは思わないものの、何であそこまで先発の青島を引っ張ったんでしょう?同点になった時点で小笠原に代えても良かったんじゃあ。使わないまま負けたのでは宝の持ち腐れです。優勝狙うんなら使わないと・・・。
4校出場しているはずの東海大勢、気づけば東海大四しか残って無い・・・。


【第四試合 角館1-6八頭】
県立校同士の対決は八頭に軍配。先発鎌谷は11安打ながら要所を押さえ1点に抑えました。きちんと犠打を決めたのが大きい。角館も良く打ったんだけどね~。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。