スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第86回選抜 3日目

3塁側アルプスに入りたかったけれど行列の多さに断念・・・地元報徳側(1塁側)より多いやん(^^;

【第一試合 沖縄尚学1-0報徳学園】
1回戦で当たるには勿体なさすぎる好カード。試合も期待通りの好ゲーム。何度感嘆の「うわ~」を漏らしたことか。

報徳の内野守備がとにかくため息物。ファーストが構えた位置に確実に送球されるわ、外野からのバックホームも正確にキャッチャーの元に送球されるからクロスプレーでもアウトが取れる。恐るべしコントロール・・・普段の練習ぷりが見て取れる。
その他では守備交代で・・・初めて見たけど捕手の岸田が2番手としてマウンドに。背番号2がマウンドにいると凄く違和感が(^^;しかしこの交代が実にビンゴで横から見てるので落差しかわからないけど、それでも明らかにわかる落差に尚学打線のバットが次々に空を切る。固い守備力と投手リレーだからこそ尚学は1点しか奪えなかった。
打線はミートの上手さでは報徳が上回ってた。ただ、良い当たりは飛ぶものの尚学外野陣の好守に阻まれ1点が遠かった~。長打3本くらい損してたし。

沖縄尚学はとにかく中村の唯一の得点となったタイムリーが大きかった。これが山城を楽にしただろうし、2回以後調子が上がったように見えた。外野の好返球が無ければもう1つだ点が取れたのになぁ。

ほんまいい試合が見れましたわ。

【第二試合 白鴎大足利9-1東陵】
白鴎大足利の大下が4本の2塁打で大活躍。投げては比嘉が散発の4安打。
東陵の打球が中々土(内野)から外のエリアに飛ばなかったけれど、最後まで気持ちを切ることなく1点をもぎ取った時には3塁側全体が暖かい拍手が湧いてたぞよ。

【第三試合 鎮西0-2佐野日大】
注目の左腕田嶋が12奪三振と好投。女房役佐川が決勝点となる2点タイムリーで援護。
鎮西の須崎も決して悪い内容ではなかったけど・・・打線がどうにも援護できなかったのが惜しい。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。