スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第94回選手権8日目

行こうかと思ったけど頭痛であえなくダウン・・・。
エコじゃないがつけっぱなし自宅観戦(こら)。

【第一試合 作新学院19-3立正大しょう南】
もうちょっと競るかと思ったんだけど・・・4回の2連続ホームランで「こりゃダメだ」な雰囲気に。得点が2ケタに乗った辺りまでは見たけれど、薬が聞き始めたこともあって眠りの中へ・・・終わったら凄い点差になってて言葉も無かったけれど。手加減する必要もないけれど容赦ないなあ(苦笑)。
立正大はホームランの2点で踏ん張ればまだチャンスはあったけれど立て直す暇も無く、あとは作新打線を止めようがなかったですね。
思うに・・・名門校の間で一種の世代交代が起こっているような気がしてならない。作新学院なんてその象徴じゃなかろうか。今の小針監督で甲子園に帰ってくる前は江川の頃しか知らない。惜しくも敗退したけれど佐久長聖も藤原新監督のもとで名門復活しそうな気配はある。
一方で優勝経験のある名門校が中々上位まで残っていない。現時点で言うのは早計かもしれないけど、龍谷大平安、PL、天理、智弁和歌山・・・そういうとこに以前ほどの威圧感を感じないような気がする。

【第二試合 桐光学園7-5常総学院】
こりゃあ桐光は最低でもベスト4は堅そうだなぁ。地方予選6試合中4試合コールド勝ちで決勝も最近上り調子の水城を完封してきた常総に競り勝った。しかもエース松井が今回も19奪三振。今治西相手に大会新記録を更新した投球はフロックでも何でも無く実力だわ。ただ、常総も新監督になり(実質的に夏の指揮を取るのは初だよね?)、8回に小技を効かせてしぶとく3点を返した展開は来季の新チームへの期待させる活躍です。

【第三試合 浦添商6-1滝川二】
大混戦の兵庫大会を制した滝川二ですが、浦添商打線にそつなく攻められ、継投に散発7安打を封じられ、ここで敗退となりました。
今大会は近畿に厳しい結果が続いてます。

【第四試合 天理6-2鳥取城北】
天理はエース大谷が5安打無四球の好投、打線は2ケタを打ち、鳥取城北に圧勝。
願わくば、たまに出た時くらい勝ち進んでくれい。暴力沙汰の不祥事→監督・部長の交代+大会辞退が多すぎる
(^^;

明日第一試合面白そうだなぁ。
第三試合は・・・勝てるのかねぇ・・・。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。