スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第93回選手権 9日目

今大会の特徴。
①好投手敗退
②満塁ホームラン
③エラー
のような気がしてきた。

そしてアルプスの流行はAKBとKARAみたい・・・少女時代は無いんだw


【第一試合 能代商2-0英明】
前評判の高かった英明のエース松本を打ち崩した、とまでは言えない。
どちらかといえばピンチの連続だったのは能代商の方。
保坂がのらりくらりと英明打線をかわし、何気に野手がしっかり守り、打線が隙をついた走塁で「すぽっ!」と点をとり、気が付いたら回が進んで勝ってました。

そんな不思議な試合でした。
もちろん試合してる当人たちは至って真剣勝負してるんだけど・・・(^^;
強力打線があるわけでなし、剛速球投手でもなし、野球留学無し。
こんなチームがあったっていいし、こういう試合してくれると見てる側は面白い。

能代商の監督さん、あんなに終始笑顔の勝利インタビューは始めてみました(^^;
英明の監督さん、「何で負けたかわからない」良くわかります(^^;

しかし・・・お互い完投で勝った保坂が95球、敗れた松本も111球。試合時間1時間21分ってどれだけエコな試合やねん(^^;


【第二試合 白樺学園7-8x智弁和歌山(延長10回)】
序盤から波乱続きな試合でした。
白樺学園の先発小林が1回持たずに交代。6回に4点差がついたとき、もう勝負が決まったと思ってしまった。
しかし、投げる方ではふるわなかった小林が、7回にまさに起死回生の同点満塁ホームラン。さらに8回にも佐々木のソロで勝ち越し、これで決まったかと思いきや智和歌も引かずその裏に追いつく。
白樺学園は10回に再度勝ち越すものの、その裏に智弁も追いつく。最後は1塁への悪送球で試合終了。
何とも劇的な展開で・・・。見てるだけでもハラハラしました。
印象深かったのが智弁の3塁手蔦。10回の攻撃中に緊迫した空気に耐えきれずに泣いてるんですわ。常連校でも優勝候補であっても負けるかもという恐怖にそんだけプレッシャーかかるもんなんだ・・・。


【第三試合 開星8-11日大三】
双方、好投手抱えるはずなんだけどな。なんでこうも熾烈な乱打戦になるのかしら(^^;
開星の白根は制球が定まらず3回で交代。ただ、打撃は絶好調で打点2。しかも結構器用な流し打ち。将来的には打者の方が成功しそうな気がする。日大三の吉永も序盤は良かったんだけど、中盤から球に打たれ出してここからシーソーゲームの幕開けとなっちゃいました。
開星には今年で退任を決めている監督さんの花道飾ってあげたかったんでしょうね。あの監督さん、確かに余計な一言は言っちゃいましたが、監督としての手腕は悪くないと思います。部員にも慕われていたようですし。5回と6回の追い上げと勝ち越しは気はうが前面に出てましたね。

日大三は聖光が消えたんで優勝候補筆頭かと思いきや微妙な展開になってきた・・・。
スポンサーサイト

comment

Secret

やったね

初地元チーム観戦で初勝利、素直に嬉しいO(≧∇≦)oその反面、なんで勝ったかわからなかった(^-^;秋田では強いんでしょうけどね(^-^;あれに似てますな。サッカーの強力チームと弱小チームとの対戦で引いて守りカウンター狙い(^-^;少ないチャンスを確実にってな感じでしたね(^-^;

No title

大会の特徴、むっちゃ同感です!
エラーも得点に絡むのが多いですよね;
ここまで来たら、満塁ホームラン、大会記録塗り替えて欲しいですね。

GO~GO~サマー(笑)

彩人さん・・・

いいな~
秋田いいな~
うらやましい~

京都なんて・・・しくしく。

さと★さんこんばんは~

4つ目の特徴に気づいてしまいました。

④大逆転

これです。
この日は智弁和歌山がそうでした。
本当に勝負は終わるまでわからない(^^;

No title

家主さん、京都はときたま、優勝争い
するからいいじゃないですかw

秋田なんて、今回負けてたらワースト記録
NO1だったんで、そろそろ野球の
神様が微笑んでくれたとおもわれます(謎
最近、宮城だけではなく、福島、青森、岩手も
結果が出てます。
東北大会などでレベルの上がった高校を見て
秋田も勉強になるだろうから、いっそうの
レベルupを期待して、金足農業の時の
再現を望みますよ(遥か彼方・・・。

あと、好投手が負けてしまう、今回の大会なんですが、
各チームの、速い球への対応が昔より
進んで来たのかなぁ~なんて思ってます。
今、投手は140㌔台の投手は甲子園では珍しくなく
150キロ投げる人も前より多いし、だんだん
全体で慣れてきてるのかもしれませんね。

うちの田舎、明日、街から人がいなくなりそう^^;
絶対、みんなTVみてるからw

No title

残念!白樺あと一歩だったんですけどね。
でもそのあと一歩が凄く大きな差だと感じました。

私も嶌君の涙が凄く印象的でした。
智和歌の選手があんな表情を見せるなんって・・・・ビックリです。
それだけ追い詰められていたんですよね。
結果は悔しいけど、嶌君の涙を見て納得しましたよ。
あの涙は白樺がそれだけ頑張ったって証拠ですもんね。

だって~

時折優勝争いっていっても全く相手にされてませんよう・・・。
平安はちと忘れましたが、
外大西は田中将大にしてやられ、
京都成章に至っては・・・ね(>_<)

STFさん

やっぱり冷静沈着に見えても10代の少年なんですよね。勢いに乗れたら無敵でも、ちょっとしたことで歯車が狂ってしまう。
もしかして「魔物」の一端なのかもしれませんね。

今年ほど敗れた学校にまでドラマがある大会はないかも。
プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。