スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIAとFOTA和解

バジェットキャップ制度導入に端を発した分裂騒動は、何とかFOTAによる新シリーズの設立は回避されることとなり一安心。
イギリスGP前は鈴鹿が消滅するか冷や冷やしつつ経緯を見守っておりましたが、元鞘に収まったってことでよろしいんでしょうかね?
FIA会長のマックス・モズレーは任期満了をもって離職(でも本意じゃない?)を表明。でも正直モズレー就任以前の方がレースとしては面白かったと思うので歓迎すべき情報ざんす(でも一度留意されて撤回したことがあるからわかんないけど)。

93年からということは・・・それ以前は家主が認めるF1最強マシンFW14B(アクティブサス)とか、当然スリックタイヤだし、給油もなかった。当時面白いと感じた要素がたくさんあるということはそれらを無くしてツマラナクしたのはやはりモズレーが原因か(--;
そういえば今やウィリアムズとフォース・インディアくらいしかないけど、昔はワークスマシンだけじゃなくて、エンジンの提供を受けたプライベーターチームがたくさんあったし、時折ワークスチームを押しのける活躍を見せるのが楽しかった。そういう資金面ではワークスに劣るプライベーターが増える機会を与えるという面ではバジェットキャップ導入は賛成。でも最新テクノロジーの開発競争もF1の魅力だしなあ~。


難しいな。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。