スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年ぶりの復活

相続トラブルが原因で途絶えていた京都の人気かばんブランド「一澤帆布」が4月6日、復活することになった。製造していた「一澤帆布工業」の相続権を巡る裁判で勝訴した先代の三男、一澤信三郎さん(62)が28日発表した。「正統」な一澤帆布製品の復活は、信三郎さんが一澤をいったん離れ新ブランド「信三郎帆布」をつくって以来5年ぶり。
一澤帆布工業では、05年12月に信三郎さんが社長を解任され、長男と四男が代表取締役に。信三郎さんは職人全員を引き連れて独立し、06年、すぐ近くに店を開いて「信三郎」ブランドの製品を製造・販売してきた。長男側は一澤帆布ブランドで営業を続けたが、09年6月、信三郎さんの解任取り消しを認める判決が確定した。
看板は「一澤信三郎帆布」とし「信三郎」製品の販売も続けるが、店舗は旧一澤帆布に戻る。(毎日新聞より)

実質的に一澤帆布を有名にした信三郎氏の手元に「一澤帆布」の名前とお店が戻って良かったです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。