スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何とか復帰を願います

この人は本業のみならずプライベートまでレース漬けなのはF1ファンなら周知の事実なんですが・・・よもやそのレース好きが裏目に出るとは。

ロータス・ルノーGPのロバート・クビサが、趣味で参戦していた「ラリー・ロンデ・ディ・アンドラ」でシュコダをドライビング中に横転する大クラッシュ。クビサはクラッシュ時、車体を貫通したガードレールによって重傷を負ったとみられている。クビサは右腕、手、脚を複雑骨折しており、中でも右手のケガは深刻な状態であるとマネジャーが語っていたが、搬送先の病院で、7名の医師による、7時間もの大手術が終了している腕や脚など複数を骨折し、少なくとも今シーズンのF1は絶望的ということ。

中でも右腕は切断寸前だったという報道もあり、手術を担当した専門医であるイゴール・ロッセオは、「リハビリは比較的長くかかるでしょう。おそらく1年は必要だ」とコメント。

命に別条が無かったのは幸いなものの、腕の損傷が結構深刻なよう。
いや、去年のバレさんの復活の例(転倒で複雑骨折)もあるし、クビサ本人だってあのカナダGPの大クラッシュにあって脳震盪で済んだ悪運持ってるし、大丈夫大丈夫・・・と自分に言い聞かせるものの、やっぱり心配。
今季の展開次第ではシーズン途中でのフェラーリ移籍もあったりするかな~、と期待していただけにショックだし、勿体ない。ワールドチャンピオンの器なのに。
今季の楽しみが一つ減っちゃったよ・・・(泣)。

出来ることならF1に戻ってきて~~~~~。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。