スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第92回選手権 最終日(途中)




タラレバを言えばきりがないけど、もし一二三のサイドスロー転向がもう少し早ければ、島袋と同じく2連投だったら、もっと競り合いになったんだろうか。
高野連さん、準々決勝を一日で行って決勝前日はお休みにしません?その方が選手にとっては良いでしょうに(特に投手)。

興南目当てで行ったとはいえ、これじゃあちと気の毒だ。


【決勝 興南13-1東海大相模】
序盤は投手戦になると思うくらい両エースの投げ合いでした。この時点では島袋より一二三の方がいいくらいの内容。しかし、4回に一二三の投球に変化が。
先頭打者を四球で歩かせると1死1・3塁から伊禮のタイムリーで興南が先制。続くこのシーンが東海大相模にとっては一番痛かったんではなかろうか。続く島袋のスクイズを外し、3塁走者をおびき出したまでは良かったが捕手大城が3塁へ悪送球(この日2度目)して生還。島袋はゴロに倒れたものの、2死のここから興南打線が怒涛の5連打でこの回7点・・・。
5点目辺りから「その辺にしてあげなよ・・・(^^;」と一二三を気の毒に思うほどの乱れ打ち。たぶん東海大相模の監督さんは試合前から一二三と心中を決めてたんじゃなかろうか?でなきゃ4回の7失点の時点で降板させてるはず。6回はもう見てるのが辛いくらい。国吉と慶田城に連打され、文字通りとどめを刺した我如古の3ラン。残念ながらこの回で一二三は降板。しかし打たれてもマウンドに立ち続けた姿にホロリ。

そのせいか興南が勝ったのは喜ばしいと思いつつ複雑な気分。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。