スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第92回選手権大会 第十三日

昨日今日と仕事中の汗のかきようが尋常じゃないです。
仕事用のTシャツとタオルが1枚じゃ間に合いません(疲)。
ウチの仕事場でこれなんだから、炎天下のマウンドなんてもっと暑いんだろうな。

【第一試合 東海大相模10-3九州学院】
東海大相模は小刻みに加点して試合の主導権を握りました。
九州学院は9回意外全ての回で走者をだしたものの、得点は一二三に8回の3点のみに抑えられてしまいました。


【第二試合 報徳学園2-1新潟明訓】
何だろ?福井商戦の時もだけど、今年の報徳は投高打低気味なんかな?強打のイメージあるからちょっと違和感を感じます。投手力は文句なしです。中でも田村には帝京の伊藤共々楽しみです(ただ、あいにく好みから外れる両校なのデス)。
両校お互いに譲らず投手戦になりました。数少ない好機を活かしたのが報徳でした。田村-大西のリレーで新潟明訓の反撃を1点に抑え振り切りました。
新潟明訓は惜しかった・・・必勝パターンの池田-神田のリレーできましたが、田村に抑えられて打線の援護がなく、接戦を物に出来ませんでした。しかし、昨夏の日本文理の準優勝がかなりの発奮材料になっている様子はうかがえました。そういえば本州日本海側で優勝した府県ってあったっけ??
今日のちょっと・・・どころでなくかなり感動したいいシーン。
第一試合途中で東海大相模の打者が打った打球がマウンドの渡辺の左手首を直撃。痛みに顔をしかめる渡辺に真っ先に駆け寄ったのが主審と東海大相模の1塁・3塁コーチャーでした。コーチャーって大概冷却スプレー持ってるから即座に怪我の場所を冷やしてあげてたし。
ただならぬ事態に勝負も敵味方も関係なく助け合えるのってええことやね。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。