スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9校決定

【東東京】
これぞまさに高校野球の醍醐味と言える試合でしょうね。決勝は9回に明暗が入れ替わるという・・・。
7回に修徳が5点を入れ、試合を決定づけたかに見えた。しかし関東一が食い下がり7回と8回に1点づつ入れたのが修徳へのプレッシャーになったと思います。9回に修徳の三ッ俣が足を痛めて降板。関東一は連続安打で走者をためると米沢監督が7回にもタイムリーを決めた山下に強硬策を指示。山下は期待にこたえて同点タイムリーを放つ。
同様した修徳2番手投手が2死球を与え無死満塁とすると、3人目の投手の代わりばなを、宮下が中前にはじき返してサヨナラ勝ち。
試合が決まった瞬間、両チームともその場に泣き崩れたと記事にあります。修徳は敗北が信じられないショックでしょうし、関東一は極度のプレッシャーから解放された安ど感からでしょう。
関東一は2年ぶり5回目の出場。三ッ俣見てみたかったけどしょうがないか(^^;

【茨城】
水城と書いて「すいじょう」と読むらしい(^^;
試合の流れを引き寄せたのは1年生。初回1死1・3塁から萩谷が先制の3ラン。課題だった打線も繋がり11得点。橋本監督いわく「正直(調子は)悪かった」左腕大川も大量点の援護に乗り相手打線を完封。
春夏通じて初出場おめでとう!

【群馬】
前橋商が前橋工を逆転し3-1で破り、3年ぶり5回目の出場。
春に出たのは前橋工、夏に出るのは前橋商・・・ええい!ややこしい(苦笑)。

【静岡】
兄弟校対決は常葉橘が逆転勝利で2年連続の出場。
最終回も惜しいところまで食い下がった常葉菊川もすばらしい。
いいな~、生で見たかったな~。

【和歌山】
春の出場校同士の対戦となった決勝は智弁和歌山が向陽を6-3で下し、戦後大会史上初となる6連覇で18回目の出場となりました。
向陽も意地見せましたよ。不運があったとはいえしぶとく食い下がり、藤田も10安打されても一人で投げ切ったし・・・本人は完全燃焼できて悔いはないみたい。強豪校ですら春夏連続出場は容易ではない。それを決勝まで残った結果は春の試合がまぐれでなかった何よりの証明じゃないかと。
今回だけは「智和歌休んでくれよ~」と正直思っちゃった(^^;

【山口】
南陽工が延長戦の末防府を振り切って4年ぶり3回目の出場。
破れたとはいえ、2回戦で負傷したエースに変わって投げ抜いた田辺の投球と最後まであきらめなかった防府打線にも拍手。

【徳島】
鳴門が最終回まで粘る小松島を7-6で振り切って15年ぶり6度目の出場。
昨秋と春は小松島に10点以上取られて負けてるんで喜びも一入だろうなあ。

【大分】
大分工が明豊を3-2で破り、17年ぶり、前身の大分二を合わせて3回目の出場。

【長崎】
長崎日大が海星を4―1で破って2年連続9回目の出場。
長崎日大の監督さんは確か沖縄県勢で初制覇した元沖縄尚学の金城監督だったと思います。采配期待してます。


9校の皆さんおめでとう~!
【大阪】
帰宅の道中、金光大阪の選手が数人乗ってきました。
様子からして試合に勝ったらしく、3人ほど焼き肉食べ放題のお店に言った模様(笑)。
腕とか首筋は小麦色通り越してこげ茶。でもその濃さが練習に費やされた時間を表しているようです。
高校球児には萌えるなぁ~(^^)

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。