スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年1回でよくない?

第141回芥川賞と直木賞が決定。
芥川賞は礒(山嵜)憲一郎氏の「終の棲家」、直木賞は北村薫氏の「鷺と雪」。

北村氏の作品は何度か読んだことがあるので知ってますが・・・芥川賞の方は存じませぬ(^^;
というより、候補作品の作家名だけでも直木賞は葉室麟氏以外は全て存じておりますが、芥川賞は全く存じておりません。毎年「誰それ?」です。
ちなみに候補作品は以下の通り。

●第141回芥川龍之介賞 候補作品
磯崎憲一郎『終の住処』 新潮6月号
戌井昭人『まずいスープ』 新潮3月号
シリン・ネザマフィ『白い紙』 文学界6月号
藤野可織『いけにえ』 すばる3月号
松波太郎『よもぎ学園高等学校蹴球部』 文学界5月号
本谷有希子『あの子の考えることは変』 群像6月号

●第141回直木三十五賞 候補作品
北村薫『鷺と雪』 文藝春秋
西川美和『きのうの神さま』 ポプラ社
貫井徳郎『乱反射』 朝日新聞出版
葉室麟『秋月記』 角川書店
万城目学『プリンセス・トヨトミ』 文藝春秋
道尾秀介『鬼の跫音』 角川書店

一つ気になるのが直木賞を受賞する作家が「どうして今更??」の有名な方が多いのは何故でしょう?今回受賞の北村氏にしたって、作家生活は長いし、数多くの先品も世に出されています。
京極夏彦氏も今更って感じだったしな~。「妖怪シリーズ」が2・3作出た時点でも十分資格はあったと思うんだけど?
三浦しをん氏は素直に嬉しかったな。

ちょろっとウィキで過去の受賞作品を検索してきましたが・・・
芥川賞作品って手にすら取ったことないや(苦笑)。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。