FC2ブログ

お株を奪う勝利

【阪神3-0中日】
「少ない得点でも投手陣の安定とバックの守りで競り勝つ」
これは今年の中日の特徴だったはず。
あと1点か2点が追いつけずに封じられ、かなり苦渋をなめさせられていた。
本当に中日投手陣が憎たらしかった。

しかし、プロ野球史上初の試みとなった交流戦が思わぬ効果を生んだ。
交流戦前はセリーグぶっちぎりの首位だったはずの中日が交流戦に入った途端急速に下降線。
あの鉄壁の投手陣はいずこ!?
パリーグチームの戦力データが十分でない・・・のは12球団条件は同じだし関係ないとして。
ともかく、交流戦が中日のリズムを完全に狂わせてしまった。
しかも一度狂った歯車は交流戦終了後も修正し切れていない。
(阪神にとっちゃあありがたい事態なんですけどね)



阪神は下柳、中日は阪神が苦手とする山本昌。両ベテランの先発。試合が動いたのは4回。2死一、二塁で矢野様が中越えに二塁打して2点を先取!最近絶好調な矢野様♪昨日に続いて今日もタイムリー♪勝負強いわぁ~(ノ ̄〓 ̄)ノ ちゅ~その後、チャンスはありながらも追加点があげられなかったが9回に2死満塁から鳥谷の適時打で待望の追加点。今年の野手陣では鳥谷の成長がどれだけチームの助けになっていることか。下柳は6回無失点で約1カ月ぶりの7勝目。救援3投手も0点に抑えるピッチング。中日に三塁を踏ませなかった。お!?矢野様と下さんって68年生まれなんだ。また、2人して謙虚にお互いを讃えあうんだからニクイ!「シモ(下柳)も頑張っていたし、先制して自分たちのペースをつくりたかった」>矢野様一方の下さん。「矢野のおかげの一言に尽きる」崩れかけた3回と6回も「矢野のリードを信じて投げた」息もぴったりのバッテリーの活躍。貯金は18となり、2位中日とのゲーム差も8に広がりましたよ。苦手な中日と、苦手なナゴヤドームでの初戦勝利、これは大きい。もし、このカード勝ち越しとなれば尻尾の先くらい見えてくる・・・かな?ちなみに2003年のリーグ制覇時のマジック点灯が2年前の今日だったそうです。でも余り早く点灯するとマジック減らしにファンの神経も減りますのでほどほどで点灯してください。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード