スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てて疲れるわぁ(+_+)

052594d5.jpg『京都大会準決勝 福知山成美6-2京都外大西』

点差以上に見てて疲れる試合ですわ。何せ2時間40分くらいかかりましたんでね。


福知山成美は長岡、京都外大西は満薗と両チームともエースが先発。
立ち上がりは両者とも微妙で、スコアリングポジションに走者を背負うもあと1本が出ず。
先制したのは外大西。しかし長岡が「投が駄目なら打で」とばかりに逆転タイムリーを放つ(というか、長岡と福本のバッテリーは中々に良く打つ)。長岡は6回にも犠飛を放ちなおも1点追加。
これで福知山成美に流れが傾くかと思いきや、外大西も引き下がらず。8回の攻撃時に負傷した長岡から継投した島本を攻め、1点を返す。
この勝負強い打線なら9回での同点、あるいは逆転サヨナラもありかと思われた最終回、外大西の上羽監督はこの回3塁打・四球と出したものの、6回から好投していた2番手中村に代えて3番手熊谷を登板させる。これが完全に裏目にでて、ここまで凡打していた4番深瀬に左中間へ値千金の3ランを放たれてしまう。この監督さん、就任当初から思ってたけど、時折首をを傾げたくなる継投をなさるのよね・・・(--;中村は球の切れは今日登板した3人の中じゃ一番良かったように見えたけどなあ。
外大西最後の攻撃は2番手島本が踏ん張ってゲームセット。

福知山成美は勝ったとはいえ、長岡の負傷具合が気になる。
決勝は明日だからただでさえ疲労が溜まっているし、そこに怪我ですからね。それで1試合約平均10点の龍谷大平安打線を抑えないといけないし・・・大丈夫かな(^^;
打撃のフォローが欲しいところです。


1試合目の龍谷大平安vs鳥羽は・・・おいおい、これで準々決勝の塔南戦以外はすべてコールド勝ちですがな(^^;
2-2で迎えた6回に青木の2点適時打など打者一巡の猛攻で6点を奪い8回コールド勝ち。火がついたら止めるのは容易じゃないですねえ。


明日代表が決まります。はてさてどうなるか。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。