FC2ブログ

スパウェザーと郵政解散選挙と世界柔道と(長っ!)

【第16戦 ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)】
地上波放送時間が午前2時45分って・・・・・起きられるか~!!
でも仮眠して結局見た私・・・・・。
翌日仕事がきつうございましたわよ、ほんと。
足パンパンに浮腫むし(泣)。


さて、スパといえば名物となっている(?)不安定なスパウェザー。
これまでにも数々の大波乱のレースの元凶ともなってきた自然現象。
決勝当日も午前中に降った雨が路面を濡らし、久々のウェットレースとなる。


さて、佐藤琢磨ですが・・・・・アンタもういい加減にしなさいよ。
せ~っかく予選10番手からスタートダッシュ決めて6番手に上がったのに13周目のラソースで兄ちゃんのおかまを掘り共にリタイヤ・・・。

そりゃ兄ちゃんだって文句の一つも言いたくな

るわさ(呆)


文句言われて頭どつかれてたし。
あ~あ、そのままの順位で走ってりゃ入賞圏内だったのに・・・。



スパウェザー&オールージュに翻弄されたドライバーも多かった。
フィジコは(エンジン積み替えで降格してたのね・・・)13番手から7番手まで順位を上げていたのにオールージュの上りで挙動を乱して大クラッシュ。幸いフィジコに大きな怪我はなかったもののSCが入り、このスキにタイヤ交換するチームが多発でぴっとは大混雑。
タイヤを交換したものの路面状況とのタイミングが悪くピットインの回数が予定をオーバーするチームが多かった。必然的に順位さがっちゃうしね。
一時2位を走行してたラルフなんてまさにそう。
結局タイヤ交換をしなかったドライバーが好成績を収める結果に・・・。


PPからスタートしてたモントーヤは順調に周回を重ねていたものの、残り4周となった41週目、ピットインで2番手に下がったモントーヤにピッツオニアが接触。
敢え無くリタイヤ。
ライコネン援護のためにも、コンストラクターズのためにも1ポイントでも取っておきたいのにこのリタイヤは痛い。
しかもこのクラッシュでポイントリーダーのアロンソが3位から2位に順位を上げる。

マクラーレンは勿体無いなあ。
全チームで今最強の車体を持ちながらも完全勝利を飾れない。
スピードで劣るルノーの信頼性がそんなマクラーレンをあざ笑うかのようにライコネンを突き放していく。



これでポイントリーダーのアロンソは8ポイントを加え、111ポイントとし、優勝10ポイントを獲得し86ポイントとしたライコネンとのポイント差は『25』。
次戦ブラジルGP(9月25日決勝)でライコネンが優勝してもアロンソが3位に入れば、アロンソのドライバーズ・タイトル獲得が決定する。

しかし・・・何気に8位入賞のモンテイロ、アナタって実はすごいのかも(^^;なお、レーススチュワードは、・ミハエル・シューマッハに追突した佐藤琢磨には次戦ブラジルGPで予選順位から10グリッド降格。・モントーヤに追突したピッツオニアにはブラジルから正ドライバーのハイドフェルドが復帰予定のためグリッド降格処分の裁定が下せないため罰金8000ドル。以上の処分が決定。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード