スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ開幕

adce0310.jpg


【第一試合 常総学院4-8九州国際大付】
6年前の決勝、常総と東北の決勝で、ダルビッシュを擁しながらも木内氏の巧みで強かな戦略の前に優勝が叶わなかった若生氏。その後木内氏は病気もあって常総を離れ、若生氏も新たなチームの監督になりました。
そんな両監督の対決が実現するだなんて・・・。

立ち上がりは九州国際大付の先発納富があがってましたかね・・・ゴロの悪送球やスクイズで揺さぶられ序盤3回で4点のビハインドを背負ってしまう。
しかし福岡大会本塁打12本の打線が納富を援護する。
3回裏、スタメンに抜擢された三好のヒットを足がかりに1死2・3塁から国枝の2点タイムリーでまず2点を返す。4回に入ると常総先発小熊の請求が乱れ始め、連続四球後1死1・2塁から大当たりの三好が左中間へ2点タイムリーを放ち同点。さらに小林のタイムリーで逆転する。
ここで常総は2番手長谷川に変えるも流れは止められず、国枝、河野のタイムリーで2点を追加。3番手飯野からこれ以上加点できなかったものの、打者一巡の猛攻を見せる。

納富も4回以後は散発の3安打に抑え、若生監督に5年ぶりの勝利をもたらしました。
何気に九州国際大付の得点ファンファーレが「アンパンマン」だったのがかわいかった(笑)。

【第二試合 興南3-4x明豊】用がなければ見たかったなあ・・・。好投手同士の戦いは劇的サヨナラ。5回までは興南ペース。タイムリー、ソロ、併殺崩れで3点を先制。島袋、毎回奪三振の2安打に抑え、好調。しかし、明豊は6回、エース今宮と阿部のタイムリーで1点差に追い上げ、え8回にまたまた今宮・阿部の連打で同点に追いつく。そしt9回に2死2塁から野口がサヨナラタイムリーを放ち逆転勝利。なんつうか、いい投手なんだけどいまいち運に恵まれない島袋が気の毒(^^;【第三試合 八千代東2-3西条】八千代東惜しい・・・甲子園初勝利まであと一歩。先制は八千代東。3回、安打で出た走者を盗塁と犠打で相手投手を揺さぶり、スリーバントスクイズで先制。八千代東カラーを前面に出した攻撃で先取点をあげる。しかしその裏、西条は司馬、徳永の連続2塁打で逆点。八千代東は7回、左中間3塁打の高橋を上條が犠飛で返し、同点に追いつく。が、8回に日野のタイムリーで決勝点をあげられ初勝利ならず。でも、八千代東らしい粘りは随所にありました。足と犠打でかき回す。8回に勝ちこされ、ミスでさらにピンチが広がっても最少失点に食い止める集中力。エース村上も再三走者を出すも突き放されないように良く投げた。県大会打率・341の打線をよく5安打で抑えたもんです。また私立破って出て来いよ~♪
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。