FC2ブログ

センバツ9日目

f9b36e80.jpg今日は驚かされる試合と複雑な試合2試合でした。







【第二試合 横浜13-3早稲田実業】
タラレバを言えばきりがありませんが、同じ状態で対戦していれば間違いなく好カードであったこの試合。
本来こんなに点差のつく早実じゃないんですよ。
やはり3日連続の試合による心身の疲労は一晩じゃ取りきれていませんでした。
かといって、「あの再試合がハンデだった」と言うことは早実選手のみならず熱戦を繰り広げた関西の選手たちにも失礼になる。誰にも予測できなかった、選手が精一杯戦った結果があの25回の熱戦だったのだから。
どうこう言っても仕方の無いことだけれども早実には気の毒すぎる状況だった。。

やはり3連投の疲れが伺える早実先発の斉藤。
初回、2つのWPがいずれも得点に繋がる苦しい立ち上がりで2点を先制される。
さらに追撃の手を緩めない横浜は3回、3安打とエラーにより4点を追加。
正直序盤の3回で勝負は決まってしまいました。

4回から斉藤はマウンドを関本に譲り、後方から見守るが、関本→塚田とリレーしても踏ん張れず5回に4本のヒットと5四死球で一挙7点。
見てるのが辛い~(>_<)!!
でも、7回に押し出しの四球と小柳のタイムリーで3点を返したところに早実の「タダでは終らない!」っていう意地というか気概を感じて感動しちまった(T^T)。
その後斉藤が再登板。最後のマウンドをエースが締めた。
横浜は川角が先発、8回から浦川、9回途中から西嶋が投げた。

ああもうなんか横浜応援しに行ったのに横浜のこと書く気になれなひ・・・。
早実エース斉藤、3日間で445球の熱闘お疲れさん。
早実の選手たち、監督さん、応援団のみなさんお疲れ様でした。


【第二試合 岐阜城北4-0神港学園】
はぁ~~~、もう驚嘆のため息しか出ないっす・・・。
どこまで行くんだ岐阜城北。相手が何だろうが関係ないんだろーか?

岐阜城北は3回相手のエラーと四球で2死一・二塁とし、丹羽がレフト線に二塁打で2点。さらに2死一、二塁で間宮が右中間にタイムリー二塁打を打って3点目をあげた。
6回には青山のヒットと盗塁に鈴木がセンター前へタイムリーで4点目。

神港学園は1回には1死三塁としながらも後続が連続三振。
2回にも森下が右越えに二塁打を放ったが、後続が連続三振に倒れた。
8安打打ってても1点も入らないだなんて・・・。
岐阜城北・尾藤恐るべし。

尾藤の成績:9回完投。打者31人、被安打8、奪三振9、四死球1、自責点0。

神港・城北(丹羽)←先制タイムリーの岐阜城北・丹羽。



↓トトベスト4前半成績~!的中者>ガトーさま、アキスポはん、まったりさん、STFさん、MIYAUCHIさん、ふみさん、椎名多紀@トト主催者(岐阜城北的中者はいらっしゃいませんでした~)【今日のアルプス風景】横浜、早実共に応援は見ごたえありましたね~。共通するのが応援団と生徒の息が見事に合ってること。さらに、早実>チアリーダーの動きが秀逸!腕の動きは素早く、角度正確、止めるところはピタッと静止。完璧!!でもこれを3日連続でやってるのよねぇ・・・(^^;横浜>男子校なので・・・とはいえ近隣や系列校から急造チアリーダーを養成することもなく、あくまで伝統に則った男子のみの応援団で硬派を貫く男っぽさにアッパレ!指先まで神経を張り巡らせ、キレのいい動きに惚れ惚れ♪特に団長!かっちょええ~~~~~(ノ ̄〓 ̄)ノ ちゅ~!!後姿だけでも絵になるわ~!!(←この際年齢差は考えていない)
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード