スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省中なので簡単に6日目

余裕ができたら加筆するかも。

【第一試合 PL学園6-3聖光学院】
PLがそつなくしたたかに勝った試合だと思います。
昨年の秋季大会決勝以来惚れこんでいる中野が出ないと知った時点で、いささか興味は薄れていますが、井上と難波で十分安定してます。打撃も勘野不在でも新しいパワーヒッターが出ているようなので次の県岐阜商を突破できればいいとこまで行けそう。


【第二試合 明桜2-3x日本航空石川】
ある意味甲子園の魔物が出たかな。
先手を取ったのは明桜。相手のエラーと小番(さほど大柄でないのにパワーがある)のタイムリーで2点を先制。
初めのうち、JAA(帽子の表記で統一)は明桜先発二木のたまに全くタイミングが合わず、正直なところ完封負けかな~、と思ってました。が、3順目あたりから二木の球にタイミングが合ってきたようで、4回にあたりが出始め、2死1・3塁からWPで1点を返し、5回にも1塁強襲安打と相手のエラーで2死3塁とし、泉のタイムリーで同点に追いつく。
ここからは点が入らず延長戦に突入するものの、両チームの投げ合いが対照的で興味深かった。栗本、スローボールの浜田、中田と3人の投手を使い分けたJAAと対照的に、エース二木にすべて託した明桜。それぞれ個性を十分出した投球は面白く拝見させてもらいました。
ただ、あの結末が二木にはかわいそうだったかな。県予選では無失策だった明桜の守備が延長12回に決定的な綻びを見せてしまった。2つのエラーで決勝点とは残酷な終わり方・・・。

JAA今久留主監督、タイプの違う投手起用といい、二木攻略といい、なかなかしたたかですなあ。


【第三試合 日本文理4-3寒川】
日本文理が逆転勝ち。2-3で迎えた八回一死一塁から高橋隼の二塁打で同点。さらに武石の中前打で勝ち越した。先発の伊藤はコースを丁寧に突きながら粘り強い投球で、10奪三振。8安打を許しながらも、3失点で完投。
寒川は1-1の六回に3連続長短打で2点を勝ち越したが、投手陣が持ちこたえられなかった。


【第四試合 華陵0-1x立正大淞南】
何かもう、三重の土井君を再現したかのようなサヨナラ劇。
ファインプレーをした流れで打席に立つととんでもないパワーが出るのねぇ(^^;
それでも華陵・安達と立正大淞南・崎田の投げ合いは素晴らしかったし、両チーム失策0の守備も良かった。

普通のフライを捕っただけで「ファインプレー」と冷やかされるほど「守りが一番へた」>後藤君ホンマかいな(^^;
〆はそんな後藤のサヨナラホームランでした。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

椎名多紀

  • Author:椎名多紀
  • 京都在住の茶馬鹿です。
    美味しいお茶と茶菓子を求めて日々放浪中(笑)。
    なお、画像投稿は携帯で行っているため文章は後付けが原則(←開き直り!?)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。